ほっこりかわいい寝相アートの撮り方。もう常識!?

6,552 views

子育てママさんたちの間で既に常識にもなりつつある『寝相アート』。寝ている赤ちゃんの寝相を活かしてお家にあるもので作り上げるかわいい写真のこと。最近ではフォトコンテストなども開催されており、寝てる間に作ったとは思えないすご技&おもしろ写真がいっぱいです。



寝相アートのルールとポイント

【寝相アートのルール】
①眠りのジャマをしない!
 あくまでも安眠優先。絶対条件です。
②ハッピーな世界観に!
 将来子どもと一緒に見たときに楽しいものにしましょう。
③寝返ったらあきらめる!
 子どもは動くものです。あきらめて次回チャレンジ。

【ポイント】
1番のおすすめは、やはりお昼寝時。自然光も入ってくるお昼が最適です。
お昼寝前の準備が大切!
まずテーマと構図を決めましょう。
季節感の出るものでもいいですし、お子さんが好きな絵本のような世界でもいいですね♪
テーマと構図が決まったら、着せたい服をお昼寝前に着せておきます。
使うものは身の回りにあるものでOK!
撮影用に小物など買う必要はありません。空や海は青いシーツ、羽は白い毛布で簡単にできちゃいます。
ハロウィンやサンタの小物がない!って時は紙で作っちゃえば大丈夫です。
ポイントは背景となるシーツをしわにならないようにピンと張っておくことです。

ハーフバースデー

ハーフバースデーの記念です。
ケーキがおいしそうで、なんといってもふわふわの羽がとーってもキュートですね。
このように、ハーフバースデーをきっかけに寝相アートデビューをするお父さんやお母さんも増えてきているみたいです。

クジラに乗って~

くじらに乗って魚たちとどこに行くのかな~。
これから暑くなるシーズンにぴったりです!
ゴーグルをかけているなんて高度ですね。
このように、その時の月齢を入れておくと後で見たときに成長を感じることができますよ。

お花見♪

これは本当にお花見中にミルク飲みすぎちゃって寝てるようなクオリティ!
赤い敷物からはみ出て寝てるのもリアリティありますね。
手前に桜の枝をぼかして写すことで、桜の木の上からお花見を覗き見してる気分になっちゃいます。

姉妹で美容院

兄弟姉妹がいる方はぜひチャレンジしてほしいです。
お姉ちゃんが妹の髪を切っているのかな?美容院風です。
兄弟寝相アートが撮れると年賀状などにもできますね!
ただ、、なかなか一緒に寝てくれることってないんですけどね。

どうでしたか?
あっという間に大きくなっていく子どもたち。
子どもが小さいうちにしか楽しめない『今』をこのような寝相アートで残しておくのも一つですよ。
まずは簡単なものからチャレンジしてみてください。

こんな記事も読まれています