いつまでも元気で綺麗なママでいる為の骨盤ゆがみ防止法!

1,249 views

「あいたたた・・・最近腰が痛くって・・・」「なんか手が痺れるんだよねぇ。」これって老化現象?こういった解釈は大間違い!腰痛や肩こりに始まる体の不調の原因は年齢だけではないことが多いんです!年齢が原因じゃないとしたら・・・一体何でしょう?



毎日の些細な行為が骨盤のゆがみを悪化させている!?

体の不調の原因は、「骨盤のゆがみ」からくることが多いんです。女性の体は妊娠時に骨盤が開いてしまう為、出産後、知らず知らずのうちに骨盤のゆがみが進んでいくと言われています。出産後、きちんと骨盤矯正に時間をかけたママさんは何人くらいいるのでしょうか?核家族化も進み、出産後ゆっくりと過ごすことができるママさんなんて、今の時代は少ないのでは??(プラス、あまりそういったことを気にしていなかったママさんもいるのでは?← 私のように)骨盤矯正する時期を過ぎてしまい、すでに腰痛などの問題を抱えているママさんもたくさんいますよね?こんなママさんに、これ以上骨盤のゆがみを悪化させない為の4か条を教えます!

その1-足を組んで座らない

足を組んで座ってしまうと、片方に重心がかかってしまう為、当然骨盤のゆがみが悪化します。座るときは、かならず両足をくっつけ、足の裏全体がきちんと床につく高さの椅子に座りましょう。「両足をくっつけて座る」と、内転筋(内もも)を鍛えるので、太ももを引き締める効果も!

その2-片方に体重をかけて立たない

足を組んで座ってはいけないのであれば、当然立っているときも片方に体重をかけてはいけないことは分かりますよね?立っているときは、必ず両足に体重が均等にかかるように心掛けること。そして、お尻をしめて立てば、自然と足の内側に重心がかかるようになり、足の形も綺麗になります!

その3-財布等をパンツのポケットに入れない、ショルダーバック等を片方の肩にかけない

どちらかと言うと、男性がする傾向にありますが、お財布や鍵等をパンツのサイドポケットや後ろのポケットに入れないこと。骨盤付近の一部分に余計な圧力がかかってしまうので、骨盤のゆがみの元になります。面倒くさいかもしれませんが、ハンドバックやショルダーバッグにお財布等を入れておきましょう。そして、こちらは女性がよくしてしまう癖!ショルダーバッグをどちらか一方の肩ばかりにかけてしまっています!体は繋がっているので、片方の肩が下がり気味になれば、勿論下半身に影響します。ショルダーバッグをかけやすい肩がすでに出来てしまっていると思いますが (←私のことです。)、両方の肩に交互にかける努力をしましょう。

その4-車の出入り

車の出入りに気をつけている人はあまりいないような・・・・この時、恐らく同じ足を一番先に車から出していますよね?毎日これを続けていると、やはり体の一方に重心をかけていることになります。理想は、面倒くさいですがまずお尻から車にはいり、座ってから両足を車の中へいれることがベストです。そう、モデルさんや有名人の方達が車に乗り込む時はこういう感じですよね。車から出る時は、入るときの逆で、両足をまず車から出し、そして両足に均等に体重をかけて立ち上がります。結構、こういった出入りをしていると、気分はモデルで、なんとなく綺麗になった気もします。(笑)
こういった動作は毎日しているものだからこそ、気をつける必要があるんですね。こつこつとこの4か条を続け、元気で綺麗なママさんでい続けましょうね!

こんな記事も読まれています



シェア