結婚式の二次会☆盛り上がる!おススメ演出プラン5選

3,603 views

結婚式の準備に追われて、二次会の準備に頭がまわらない・・・という方も多いのではないでしょうか?

ご友人に幹事をお願いするにしても、新郎新婦の描くイメージなどはしっかりと伝えたいもの。

和やかにしたい、とにかく盛り上がりたい、しっとり大人の雰囲気にしたい、ゆっくり話せる時間をたくさんとりたい、立食か着席か・・・など。

今回は、「二次会を盛り上げたい!」という方におススメの演出をご紹介致します。

定番!ビンゴゲーム

定番ですが、老若男女問わず、ルールも分かりやすく楽しめるゲームなので、結婚式の二次会にもおススメです。

やり方は様々ですが、受付で番号札を配っておいて、新郎新婦がひいた番号の人にプレゼントを渡すのが一番簡単かもしれません。
プレゼントを渡す際に、プレゼントの中身はあらかじめゲストに発表しておきながらも、中身が分からないようにすべて同じ大きさのラッピングにして、その場で包装紙の色でゲストに選んでもらうようにすると、最後まで豪華景品が残ることもある楽しみが続きますよ。

他にもちょっとアレンジを加えて「質疑応答ビンゴ」もおススメです。
あらかじめ、通常のビンゴカードをゲストに配っておき、司会者から新郎新婦に答えが数字になる質問を投げかけてもらいます。
例:①子供は何人欲しい?→二人と答えた場合は「2」の数字になります。
②何人兄弟?
③入籍日はいつ?
④はじめてのキスはデート何回目?
⑤何時に起きる?
などなど・・・。

新郎新婦のこともゲストにより分かってもらえるような質問をたくさん用意しておくと盛り上がるでしょう!

新郎・新婦をお互いに当て合うゲーム

ゲストの中から数名の女性の方にご協力いただき、新婦を混ぜて前に並んでもらい、新郎に目隠しをして、一人ずつ握手をしてもらい、手の感触で花嫁を言い当てる!という簡単なゲームです。
見事言い当てたら、新婦から新郎へキスのプレゼント、もし間違えてしまったら、簡単な罰ゲームを用意しておくと盛り上がるでしょう。

逆に、新婦が新郎を言い当てるゲームの参考例としては、新婦に目隠し(化粧の関係もあるので、新郎に背を向けて立ってもらい)して、ゲストの中から数名の男性にご協力いただき、新郎を混ぜて並んでもらいます。
そこで男性陣にはヘリウムガスを吸ってもらい、新婦にそれぞれからの愛の告白をしてもらいます。
新婦は声だけで判断し、新郎が何番目に話した人かを当ててもらうゲームです。

ロシアンフードゲーム

ロシアンフードを用意し、食べてもらった人には、激辛に当たったのにクールに装ってもらうとか、激辛に当たってないのに辛いように演じてもらったりして、新郎新婦が各卓ごとに激辛に当たった人を言い当てるゲームです。
もしくは、代表者何名かに前に出てきてもらい、ゲストみんなで考えるのも面白いでしょう!

激辛に当たってしまった人には、お詫びの気持ちもこめて・・・新郎新婦から景品を用意してはいかがでしょうか?

フードとしては、激辛わさび入りたこ焼き、激辛からし入りナゲット、激辛クリーム入りプチシュークリーム、激辛スパイス入りピザなど。

時間決めお祝いメッセージゲーム

時間を決めてその限られた時間の中で新郎新婦へのお祝いメッセージを語ってもらい、制限時間に一番近い人が勝ち!というゲームです。

時間は、30秒や1分といった短めの時間に設定するといいでしょう。

①司会者から、制限時間(例:30秒)を伝え、5人の方に突撃インタビューをするので、当てられた人はその制限時間の中で新郎新婦へのお祝いメッセージを伝えてもらうことを説明。
制限時間は、その人の体内時計で決めていただき、メッセージ終わりに必ず「以上です!」と言ってもらい、タイムを測定する旨を説明。
②5人全員がお祝いメッセージを言い終えたところで、制限時間に一番近かった人に景品をプレゼントする。
③一人一人、メッセージが終わった時点で、そのときの秒数をみなさんに伝えてあげると、次の人の参考にもなります。

お祝いメッセージを伝えるゲームなので、新郎新婦にとっても嬉しい、アットホームに盛り上がれるゲームです。

鳴り響く携帯は誰の携帯?

受付時に、ゲストの方々に紙を渡し、自分の携帯番号を記入してボックスに入れてもらっておきます。
司会者が「携帯のマナーモードを今だけ解除してください。」とアナウンスし、ゲストの皆様には携帯を手にしてもらいます。
受付時に回収したボックスの中から、新郎新婦に紙をひいてもらい、その紙に書かれている番号に新郎新婦からその場で電話してもらいます。
会場に鳴り響く携帯を手にしていた人に景品をプレゼントするというゲームです。

携帯さえ持っていれば、ゲストの誰もがドキドキ楽しめて、手軽にできるのでおススメです。

~まとめ~
いかがでしたでしょうか?
ゲームをいかに盛り上げるかは、司会者の腕にもかかっています!
司会を友人に依頼する場合は、盛り上げ上手な人にお願いするといいでしょう。

ゲームを取り入れる場合は、とにかくルールが簡単なものにしましょう!
ルール説明に時間がかかるようなものは避けたほうが良いでしょう。
定番ゲームでも、ちょっとしたアレンジを加えるだけで
きっと盛り上がると思いますよ♪

こんな記事も読まれています