結婚式二次会のメリット&デメリットと注意したいこと

3,604 views

結婚式の二次会はどうしよう・・・

そんな迷いを持たれる方も多いと思います。

もちろん、二次会をやることでのメリットもありますし、逆にデメリット部分も出てきます。

また二次会をする場合に注意したい点もご紹介致しますので、参考にしてみてください。

二次会をするメリットは?

結婚式と披露宴を、身内や身近な友人だけでこじんまりと行った場合、二次会を執り行うことによって、友人なども呼びやすくなり、より幅広い交友関係にお披露目する機会を作ることができます。

また結婚式ではゆっくりと話したくても話せなかったゲストの皆さんとの時間を持てますし、新郎新婦の友人同士を紹介し、交流を深めることもできます。

カラオケやゲームをしたり、より自由に、思い切り盛り上がることができるのも二次会の魅力のひとつですね。

二次会をすることで必要になる配慮

結婚式が遅い時間帯に終わった場合、二次会の開始時間が遅くなることによって、ゲストの皆様が参加しにくい、もしくは参加しても帰り時間に困ってしまう・・・など、ゲストに対しての配慮が必要になります。

また、二次会を結婚式場から別の会場に移動する場合、移動する手段などもなるべくゲストに負担のかからない形をとりたいものです。

金銭面に関しても、結婚式に参列してくださった方々にとっては、ご祝儀プラス二次会の会費をお支払いいただくことになるので、負担をかけてしまうことになります。

二次会をすることによって、さらに配慮することも増え、もしかしたらゲストにとっても迷惑をかけてしまうのではないか・・・そんな思いから二次会はやめようという考えに至るカップルも多いのかもしれません。

そして、結婚式当日は新郎新婦にとっても緊張もあり疲れるもの・・・
翌日にハネムーンを予定しているカップルにとっては「二次会をせずにその日はゆっくりしたい」というのも本音なのかもしれませんね。

二次会の幹事を頼むときに注意したいこと

二次会の幹事は新郎新婦本人たちがすることは難しいので、新郎新婦をよく知る友人などにお願いすることになります。

ただ、二次会も進行内容などの準備が大変な作業になるので、2~3人にお願いすることが望ましいと思います。
また、いくら仲が良いからと言って、仕事が忙しい方や、会場から遠い人に頼むのは、ご友人からの申し出がない限り、避けたほうがいいかもしれません。

幹事をしてくださった方の二次会の会費は、新郎新婦で負担してあげるといいでしょう。
親しき仲にも礼儀あり!ということを忘れずに!

二次会をするにあたり新郎新婦がするべきこと

新郎新婦は、結婚式、披露宴の準備に追われて、二次会まで頭が回らない・・・というのが現状です。
・・・が、二次会をすると決めたからには、忙しい中でも幹事の方と打ち合わせをしながら、なるべくできることは自分たちでするようにしましょう。

最近は、会場選びも幹事の方にお任せするカップルも多いようですが、新郎新婦が望む会場の雰囲気や、ゲストの人数は早めに伝えておくことが必要です。

二次会に招待するゲストのリストは、新郎新婦が最低限、必ず決めなくてはならない一番重要な部分です。

二次会のプロ業者に頼むのもあり!

友人に負担をかけたくない!と言う方は、経験豊富なプロに任せてしまうのも一つです。

プロに任せてしまえば、友人も料理をゆっくり食べながら交流を持つことができますし、準備の負担もありません。

予算内におさまるのであれば、専門業者にお願いすることも考えてみてはいかがでしょうか?

いかがでしたでしょうか?
二次会をすることでのメリットもたくさんあります。
ただ負担になることも増えるので、よく相談して楽しく素敵な一日になるように進めていってくださいね。

こんな記事も読まれています