赤ちゃんや乳児に話しかける事がとても大切な5つの理由

2,583 views

人の脳は幼少期に凄まじい成長します。

この時期を逃さず、子供にたくさん

話しかけることがとても大切です。

たくさん話しかけると子供の

「言語能力」が高くなることが分かっています。



人の脳は幼少期に成長する

幼稚園、保育園に入るまで(3歳くらい)には脳が大人と同じくらいになります。

人の脳は幼少期に驚くべき成長を遂げます。
3歳になる頃には1000兆もの神経結合を形成します。

これらの結合が強化されるか、あるいは欠けたり、狭まれたりするかは
子供時代の経験が非常に大きく影響します。

生まれてから急速に成長します。
1歳の誕生日を迎える頃には成人の60%くらいまでのサイズまでに達するそうです。

その時期を逃さず、子供に話しかける事がとても大事

たくさん話しかけてみましょ!
赤ちゃんは言語としては認識していなくてもその声は届いてます。

子供とのおしゃべりが、生涯の学習能力の土台を築く重要な脳の発達を促す事があります。

「文化的感度の受け答え」を発達させるためには子供に話しかけが大切と言えます。

喋りかけるに「早すぎる」と言うことはありません。
意味が分からないうちでも親の愛情はしっかりと伝わっているはずです。

たくさん話しかけると子供の「言語能力」が高くなる?

親から直接話しかけられた回数が多いほど幼児の言語能力が高い!

親からたくさん話しかけられた子供は言語の習得が早くなります。

家族の中での会話が全くなく育った子と、たくさん言葉を話しかけられて育った子は
やはり語彙力もコミニュケーション能力も高いのではないでしょうか?

話し上手な親からたくさんの言葉のシャワーを浴びるので、言語の習得が早くなります。

色々な言葉を聞く事で真似をして早く喋られるようになります。

赤ちゃん言葉よりも、大人の会話の様に話しかけるのが良い!

少なくとも語彙や文の構造を学ぶ為に最も良いのは、大人に話すのと同じ様に
話しかける事だといいます。

どれだけたくさん話を聞くかではなく、どんな種類の話を聞くかが重要だと説明し
発話(内容)は豊富で複雑でなければならない。

運動させるのと同じ様に、言葉を注ぐべき、よく練習させることの重要性を知るべきです。
より多く愛情たっぷりに子供に話しかける事で脳の発達を促し、

言語発達の豊かな基盤を作ることができます。

親が直接話しかける事が大事!(ちゃんと区別してます)

直接愛情をもって注がれた言葉の方が確実に影響があると言うことは言えそうです。

いないいないばーをしてあげたり、抑揚をつけてゆっくりと話しかけたりすることは
赤ちゃんの脳の発達にとても大事な事。

子供達は親や世話をする人々が話しするのをただ耳にしている時は、あまり学んでおらず
しっかりと学びとっているのは、自分に直接話しけられた時だった。

幼児用の教材とかではなく誰かが、直接たくさん話しかける事が重要です。

こんな記事も読まれています



シェア