レンタルできない!?結婚式での買い取りアイテム

2,740 views

「結婚式に必要なものは全部レンタルで」

そう考える人は多いはず。

でも実は、買い取らなきゃいけないものもあるんです。

ウエディング関係の買い取りは質が良い分高価なものも多く、使用も当日の短時間だけ。

ちょっとでも節約したい人には天敵ですね。

式場によって変わってくるものもあるので、これを読んだらまず確認をしてみましょう。

ウエディングドレス用のインナー

ウエディングドレスの下に身に付けるインナーは買い取りがほとんどです。
下着は胸からお腹に身に付ける”ビスチェ”と腰から下に穿く”ペチコート””ガードル”があります。
これらは直接肌に身に付ける必要があるので、レンタルはほとんどないようです。

特に厄介なのがビスチェ。
結婚式場で販売しているのは質が良くお値段もなかなかのもの。
1回きりのものだし...とこれまでに購入した友人知人に借りようにもサイズ展開が広すぎて難しく、節約したい人にとっては結構な負担です。
インターネットで安いものを買うという方法もありますが、サイズが身体にフィットしなければ返品交換の必要があり難しいところ。
もしお住まいの地域に店舗販売しているところがあればぜひ足を運びたいものです。

ペチコートとガードルは可能ならば友人知人のものを借りても良いかもしれません。
因みにペチコートはAラインドレスなどに、ガードルはマーメイドなど体のラインが出るドレスの場合に身に付けるようです。

タキシードの下にはウィングカラーシャツ

新婦だけでなく、新郎側にも買い取りアイテムがあります。
タキシード用のウィングカラーシャツです。
カッターシャツとは襟が大きく違い、少々立体的に作られています。

こちらもドレスのインナーと同様体に密着して身に付けるものというのが理由のようです。
短時間でも緊張しながら着るのですから、汗だくになってしまう新郎もいるのかもしれませんね。

インターネットでもお安く手に入るようですので、サイズが分かるようでしたら一度調べてみてはいかがでしょうか。

新婦のグローブ

ブライダルインナーより短い時間しか着用しないグローブ。
こちらも買い取りです。

素材は、光沢のあるサテン生地やレースのものなど多種多様。
長さも手首ぐらいのものから、肘より長いものなど幅広くあります。
式場によっては種類を限っているところがありますので、どうせ買取りなら自分の気に入るものを探しても良いかもしれませんね。
指を隠さないタイプのフィンガーレスグローブは、グローブをしたまま指輪交換ができる、ネイルを見せれるという理由で人気のようです。

花嫁ベール

ベールはレンタルが主流のようですが、買い取りのところもあるようです。
こちらも長さが様々で、レースの雰囲気もものによって違ってきます。
せっかくですからウエディングドレスに一番合うものを選びたいですね。

自分で作る方もいるようですので、ティアラやカチューシャなどのヘッドドレスと合わせてハンドメイドしてみても良いのではないでしょうか。
ヘッドドレスには手作りキットもありますので、興味のある方は調べてみてくださいね。

和装の場合

ご紹介してきたのは洋装の場合ですが、和装にも買い取りがあります。
足袋や肌襦袢、場合によっては長襦袢などです。
洋装とは異なり、細かいサイズ展開はありませんので、ご自宅にある場合は使用できます。
でもせっかくのハレの場ですから、足袋は汚れのない新しいものを用意したほうが良いですね。

いかがでしたでしょうか。
冒頭にも書きましたが、式場によって違ってきますので、悩むよりまずは担当プランナーさんや衣装担当のスタッフさんに相談してみてくださいね。

こんな記事も読まれています