結婚式で出席者が着てはいけないドレスカラーまとめ

3,961 views

披露宴に出席する女性も実は、どのような服を着ていくか、どのような髪型にするか・・・意外とみなさん考えているものです。

ですが、そのときに気を付けなきゃいけないのが、ドレスのカラー。

礼儀知らずと思われないように、ぜひ気をつけて、気持ちのいい結婚式に参加しましょう。



当たり前ですが・・・

小物なしの、全身真っ黒は避けましょう。黒色のドレスは良いですが、小物で華やかさを取り入れて、綺麗なドレスに仕上げるように気をつけましょう。
ですが、小物で派手すぎると要注意!

新婦じゃないので

白色ドレスはタブーです。白色はやはり新婦のカラー。新婦が何とも思わないような方だとしても、
他の出席者がみて、あまり見栄えはよくありません。
どうしても着たいときは、ボレロで黒色や、ショールで大人しいカラーを選択したほうがいいかもしれません。
できれば、ご自身の結婚式で真っ白のドレスを着用するようにしましょう。

意外と知らない・・・

最近はバイカラー【2色使い】のドレスがよくありますが、実はこれは結婚式向きではないようです。
2とゆう数字が割れることから、別れや、別々の意味をもたらします。
バイカラーのドレスは可愛かったり、あまり他の人とかぶらなくて良いですが、違うお祝いの席で着用するほうが良いでしょう。

白色以外にまだあった、新婦カラー

新婦のお色直しのカラーを知っている場合は、そのカラーのドレスは避けたほうが良いみたいです。
でも、わざわざカラードレス何色?と、聞くまでもないと思いますが、カラードレスと合わせるようにテーブルコーディネートカラーや、お花などもセッティングしてあるので、新婦が選びそうなカラードレスのカラーは避けてあげるほうがいいかもしれません。
なんといっても、当日の主役は新婦さまですので。

まだあった、気をつけたほうがいいカラー

白や、黒、バイカラーなどの他にも、シャンパンゴールドやキラキラのドレスは光加減によって白色に見えたりするので、気をつけましょう。キラキラドレスは、写真のフラッシュなどの影響を受けやすいので、ご自身の写真写りにも影響します。

白色がタブーなことや、真っ黒はよくないことは、なんとなく分かりますが、バイカラーがよくないとか、新婦のカラードレスのカラーがよくないとか・・・リサーチすればどんどんでてくる、カラー事情。
要は、新婦より目立ったたなければいいのですが、新婦より綺麗なドレスを着た女性がいちゃ困る・・・とゆうことなんでしょう。
控えめに、かつ美しく!とゆう気持ちで出席しましょう。

こんな記事も読まれています