挙式をしてよかったと思う5つのこと。結婚式の意味って?

2,940 views

結婚式をしたいカップルや、そうでもないカップル。

それぞれのカップルがいてるので、一丸に「結婚式っていいよ。」と言えるものではないでしょう。

結婚式を挙げたメリット、そうじゃないもの、たくさんあると思います。

個人的に「結婚式を挙げてよかった。」と思う点を5つあげてみました。



幼少期の生活

結婚式をするにあたり、幼少期の写真や思い出がたくさんでてきます。
プロフィール写真を探す際、これがきっかけで自分でも知らなかった幼少期時代を知ることができます。
もちろん、相手の幼少期も知ることができるので、どんな環境で育ったか丸見えできます。

親戚同士の顔合わせ

家族同士の顔合わせは結婚を決めて、早い段階で行われますが、親戚同士の顔合わせって、結婚式ぐらいじゃないでしょうか。
遠くて会うことがない場合は、わざわざ紹介するほどでもないでしょうが、両家がご近所の場合、どこでどの親戚とバッタリ会った!なんてよくある話なので、結婚式は顔を覚えるいい機会でしょう。

主役になれる日

人前に立つのは苦手・・・とゆう方は賛同いただけないでしょうが、そうでない方は、あの注目度にある意味ヤミツキになるかもしれません。
みんなの視線の先、カメラの先には、あなたたち2人しか写っていません。
2人だけの為の日は、きっともう、この日しかないでしょう。

新郎に責任感を!

「入籍だけ済ましました。」と、「みんなの前で誓いました。」では、やはり新郎の責任感も違うのではないしょうか?
旦那さまになったのだから、毎晩飲みに出歩かれるのも困りますよね・・・
結婚式に出席した新郎のお友達は、新婦の感動の場面も見ているわけですから、気を使って毎晩のお誘いも減っていきます。

みんなに感謝の気持ち

両親に「育ててくれてありがとう」の気持ちは必ず湧いてくるでしょう。
それ以外に、お友達や同僚など、結婚式に呼んだ方たちは、きっとあなたにとって特別な方でしょう・・・そういった方への感謝の気持ちの場として、結婚式は最適だと思います。

結婚式には多額の費用が必要です。(今は、格安結婚式もあります!)
ですが、それ以上のなにかを気づかしてくれる場でもあり、2人で生きていくとゆう気持ちを、
再認識できる場であるのはないかと、そんな気がします。

こんな記事も読まれています