お金を抑えて素敵な結婚式を!節約できる≪5つのポイント≫

1,913 views

何かとお金のかかる結婚式。

どこを節約できるのか頭を悩ませる人も多いはず。

そんな方へ節約できる5つのポイントを紹介しますので参考にしてくださいね。

 

どのぐらい節約できるかはあなた次第。

「自分らしさ」を出せれば、お金を掛ける以上の素敵な結婚式にだってできますよ!


仏滅結婚式

式場代を抑えたい!という方にオススメなのが仏滅に日取りを設定すること。
古くから仏滅はお祝いごとに向かないとされていますので、この日に割引制度を置いている式場も多いはず。

ただし、ご両親にお伺いを立ててから設定するのが吉。
結婚式はやはり縁起物ですので、大安吉日に行うこともやはり大事です。
「縁起が悪い」と言われたときはやめておきましょうね。

鉄板のペーパーアイテム

招待状、席札、席次表、メニュー表など結婚式にはペーパーアイテムが多く必要になります。
式場で依頼することも可能ですが、少しでも抑えたいのであれば自分たちで用意してはいかがでしょうか。

材料は雑貨屋さんで簡単に手に入ります。
シールや折紙などを使ってオリジナルのペーパーアイテムを作ることも。
招待状と当日のペーパーアイテムに関連を持たすのも素敵ですよね。

自宅にパソコンとプリンターがあれば挑戦する価値ありです。

ウェルカムボード

お客様が一番最初に目にするのがウェルカムボード。
大きなキャンバスで置くのももちろん素敵ですが、二人の思い出の品や、前撮りの写真を飾るだけでも立派なウエルカムボードが出来ます。
当日お客様のメッセージや写真で完成させてもらうという方法もあります。

オススメはA4サイズの写真が入るクリアフォトフレーム。
透明なだけで結構おしゃれですし、A4サイズの写真なら自宅でも印刷可能。
その周りに自分の持っている小物など並べれば、控えめだけどおしゃれな印象を持たれます。

会場によっても違ってきますので、どのぐらいのスペースが用意されるのかまずは確認してみてはいかがでしょう。

フラワーアイテム

予算の中で意外と幅を利かせているフラワーアイテム。
生花を使用する式場がほとんどなので仕方がないですが、初めて予算を見て驚いた方も多いのではないでしょうか。

フラワーアイテムの中で、持込可能なアイテムがブーケ、ブートニア、ヘッドドレスなどの新郎新婦が身に付けるものです。
プリザーブドフラワーや造花を使ってブーケを自作すると、意外とコストダウンになることも。
オススメは個人でされているプリザーブドフラワーの教室です。
ブログやFacebookなどを開設されてる方が多いですので、一度ネット検索してみてはいかがでしょうか。

もちろん事前に、式場に持込可か、持込料がいるかは確認してくださいね。

プチギフト

結婚式の最後にお客様に渡すプチギフト。
豪華なのも目を引いて良いですが、「こんなのあるんだ」ってちょっとびっくりさせるような物はいかがでしょう。
ラッピングに凝っても良いですし、ギフトそのものに目がいくようなものでも素敵ですよね。

お客様に対して最後のおもてなし。
お金を掛けなくても楽しませるものを是非選んでくださいね。

こんな記事も読まれています