作ってあげたい!家にあるもので簡単に出来る!手作りおもちゃ

33,422 views

赤ちゃんのおもちゃ、どんなものを与えたらいいのか迷うことはありませんか?そんなときは、愛情のこもった手作りおもちゃはいかがでしょうか。牛乳パックやダンボールなど、自宅にあるもので簡単にできるおもちゃを作ってみましょう。意外と喜んでくれるものですよ。こちらではオススメの手作りおもちゃを紹介します。



牛乳パックで作る積み木

まず初めに、簡単に出来るのが、牛乳パックで作る積み木です。

サイコロの展開図を作り、ボンドやテープで止めます。出来上がった積み木に画用紙や折り紙、布、マスキングテープなどでコラージュすると更にかわいくなって子どもが喜びます。

また、組み立てるときに牛乳パックを小さく切ったものやストローを切ったりして中に入れると、カラカラと音が出るのでオススメですよ。

ラップの芯と牛乳パックで作る輪投げ

子どもの頃よく遊んだ輪投げ。これも今すぐにでも簡単に手作り出来てしまいます。

ラップの芯を棒代わりにして、ダンボールの土台にガムテープで固定します。牛乳パックを2cmくらいの幅に切り、必要に応じて画用紙やマスキングテープなどでコラージュし出来上がりです。

ペットボトルを棒代わりにするのもあり、輪っかを新聞紙で作るのもありです。

もっとしっかりと作りたい方は、新聞紙で作った輪っかを布で巻き、縫うときれいな仕上がりになります。

ダンボールで作るトンネル

トンネルも子どもが大好きな遊び道具の一つです。ハイハイが出来るようになった頃から楽しめるおもちゃです。

作り方はとっても簡単!ダンボールをいくつかつないで長いトンネルにしたり、大き目のダンボールを一つ用意し、前後をかまぼこの形にくり抜いたり、色々な作り方があります。どれも簡単なのでさっと作ることが出来ます。更に飾りつけをすると様になります。

ダンボールハウス

我が家の手作りおもちゃの中で子どもが一番喜んだのが、このダンボールハウスです。

ただ単にダンボールをくり抜いて何ヶ所かに窓を付けるだけでも十分喜んでくれますが、もう少し本物の家のように作ると更に喜んでくれますし、飾りつけをするとかわいくなります。

家電屋さんなどで、大き目のダンボールをもらってくると作りやすいかと思います。ドアを付けたり、窓を付けたり、屋根を付けて飾りつけしてみたり。少しずつ改造して、我が家は郵便ポストも作りました。家の外からはがきを入れると中に届くというもの。これがハマったようで、「ゆうびんでーす」と言いながらよく遊んでいます。

家の中にもよく入っていて、お気に入りのおもちゃを持ち込んで遊んだり、窓にカウンターを作ったらそこにおもちゃを並べたりしています。作ってから半年以上経過していますが、いまだに遊んでくれていますし、「おうちー?」とお誘いがあります。

ぜひ作っていただきたい、オススメのアイテムです。

ダンボールキッチン

一歳半頃になると、おままごとに興味が出てきます。我が家では次はこれを作ろうと計画し、作り始めたところです。

ダンボールや牛乳パック、もう少し上級者になると、カラーボックスやすのこを使用して作ります。流し、ガスコンロ、調理器具置き場、収納があれば十分立派なキッチンになります。100均でおままごと用のお鍋や野菜などのおもちゃを買ってくると、子どもがより一層楽しめます。

女の子はもちろん、男の子も喜んで遊んでくれますよ。
おままごとは、食育にもつながるので楽しみながら食を学んでもらえる絶好のおもちゃです。

こんな記事も読まれています