最近よく聞く「無痛分娩」ってなに?どこでできるの?どうやるの?

2,612 views

最近耳にすることの増えた無痛分娩。痛くないの?費用は?どこでできるの?今後普及するであろう無痛分娩についてわかりやすくまとめてみました。やっぱり初めては怖い!痛い!お産。出産の痛みを伴わないで赤ちゃんを迎えるご紹介です。



無痛分娩って?

無痛分娩とは、麻酔を使うことによってお産のときの痛みをやわらげる出産法。部分的に麻酔がかかる局所麻酔と、全身にかかる全身麻酔とに大きく分けられます。最もポピュラーな硬膜外麻酔では、陣痛をのがし、子宮口が4~5cm開いてから麻酔を注入します。痛いのは背中に大きな針を刺すとき。その後、生まれるときのあの痛みはありません!でも麻酔をすると生まれた時わかるの?と思いがちだが、この方法なら産声を聞くことも可能。筆者も麻酔をして赤ちゃんを産んだひとり。しっかり産声を聞けました!!

http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/houhou/3/03.html

無痛分娩がおすすめのひとって?

緊張しやすい人や初産が難産だった人などは無痛分娩のほうがスムーズ。また、強い喘息や持病のある人にも病院から勧められることもあるようです。麻酔によって、陣痛や会陰が伸びるときの痛みをとり除く出産法だから、緊張しやすい人、痛みに弱い人でもリラックスしてお産にすることができますね。前もって、無痛分娩を希望することを担当の医師に伝えておきましょう。無痛分娩は行っている病院も限られているので、リサーチも必要です。

http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/houhou/3/03.html

無痛分娩!気になる費用は?

無痛分娩の費用はおおよそ50万円〜70万円。病院によって大きく異なるようです。ちなみに都内の無痛分娩の有名な病院では、いずれも入院費込みで100万円ちかくなります。しかし、無痛分娩でも医師が医学的に必要と判断をしてくれれば「高額療養費」が保険で適用されることもあります。もちろん健康保険や国民健康保険からの出産育児一時金42万円も支払われます。

http://allabout.co.jp/gm/gc/441019/

人気の病院は?

無痛分娩のできる病院をいくつかご紹介。

*東京衛生病院(東京・荻窪)
 24時間365日無痛分娩に対応している、無痛分娩が有名な病院。⺟乳育児を全⼒でサポートしてくれ、産後の⾝体にやさしい菜食を取り入れています。

*山王病院(東京・赤坂)
 言わずと知れたセレブ病院。バースプランの充実や母子同室もしっかり。遺伝カウンセリング外来も開設されている安心。
 
*田中ウィメンズクリニック(東京・自由が丘)
100%無痛分娩を行っているクリニック。

*東京マザーズクリニック(東京・用賀)
胎児ドッグも行っているクリニック。

http://matome.naver.jp/odai/2139210165306753501

あれ?やっぱり痛いの?知っておきたいこと

無痛分娩といえど、出産は出産です。赤ちゃんが出てきた後の子宮が収縮していく「後陣痛」はあります。これを予想していなくって病室で大騒ぎ、看護婦さんを呼びまくっているママさんを見たことがあります。出産後もまだ麻酔の管は繋がっていますので、安心してください。ナースコールで看護婦さんに伝えると麻酔を追加してくださいます。

最近人気の痛みを伴わ無い出産。費用はかさみますが出産後もすぐ元気に動けたりと利点も多いです。人気の病院は妊娠してすぐ予約をとらないといっぱいになってしまいますので早めの検討を!

http://www.premama.jp/jiten/birth/birth07.html

こんな記事も読まれています