ドケチって言わないで!定収入で貯金をする為のビックリ節約術。

14,771 views

ごくごく普通の生活を送っているだけなのに「何でこんなに高いの⁈」と目ん玉が飛び出そうになった事はありませんか?
節約って大変ですよね?

生活をしていく上で必要不可欠な
『水道・ガス・電気・食』
どれも無くす事は無理に近いですが抑える事ならいくらでもできるのです。

ケチくさい、貧乏くさいと思わずやってみましょう!これをするだけで定収入でも貯金ができる余裕がうまれますよ。



お風呂の残り湯を活用

節約の定番。お風呂の残り湯。

・洗濯に使う
・洗車に使う
・観葉植物の水やりに使う

筆者は初めてお風呂の残り湯を洗濯に使う時、とても抵抗がありました。
臭いも気になるし不衛生というか…。
ですが背に腹はかえられません。今ではお風呂を沸かさないと洗濯をしないほどです。他にも観葉植物へあげる水も残り湯ですし、車の洗車にも残り湯を活用しています。

水道の元栓を閉める【水道代】

急いでいる時は特に蛇口を全開にして料理や洗い物をしてしまいがちです。
水道代は二ヶ月に一度ですから、請求を見てみてビックリ!なんてことに。
元栓を閉める以外にも

・節水コマを使う
・節水シャワーヘッドを使う
・お風呂にお湯を沸かしてシャワーは使わない
・食器は溜まってから洗う
・流しっぱなしで作業しない

元栓を閉めるだけでもかなり水道代を節約できますが、とにかく〝水を出す〟事を極力控えるだけでグーンと水道代は下がります。

契約アンペアを下げる【電気代】

寒い時期や暑い時期に極端に上がってしまうのが電気代ですよね。
筆者はアレもコレもと同時に使えないようにアンペアを下げてしまいました。これをする事で強制的にオーブンとトースターを同時に使えなかったりテレビとエアコンとオーブンを同時に使えくなるので、キッチンに立つ時にはテレビを消す。などの習慣がつき電気代の無駄遣いがなくなりました。
他にも

・エアコンや暖房は限界まで使わない
・掃除機はかけずにモップ掛け
・ゴハンは食べる寸前に作る
・保温機能や温めなおす事をしない
・冷蔵庫は「弱」にする
・お風呂は明るいうちに入る
・限界まで自然の明かりで過ごす
・テレビの音量はギリギリ聞こえるボリューム
・家でも魔法瓶に入れてお茶を飲む
・使ってない電化製品は全てコンセントから抜いておく
・テレビは主電源を切る
・部屋の電球の数を減らす
・家に居ないよう散歩する

いかに電気を無駄遣いしないかを考えると意外にもたくさんあるものです。
電気代やガス代を節約する為には出来ればお風呂も食事も家族同時が理想ですね。

生活用品の消耗を抑える

あまり意識しないで使っているけれど意外にもお金がかかってるのが生活消耗品です。消耗品だからこそ節約したいところ。

・トイレットペーパーは一巻きまで
・不用品を売る
・いらなくなった洋服を雑巾、台拭きに使う
・食器洗剤は水で薄める
・ボディーソープではなく石鹸
・家で過ごす日は化粧をしない
・安いからとまとめ買いをしない
・買ってきたらすぐに冷凍保存
・食品も安いドラッグストアを利用

不用品を売る事で、お小遣いにもなりますし物を減らすとせっかく綺麗になったスペースを汚すのが嫌で意外と無駄な買い物をしなくなるものです。
また、まとめ買いをしてあると「たくさんあるから平気」と逆に無駄に使ってしまうので無くなってから購入するといった癖付けをする事で生活費も節約できます。

貰える物を活用

ちょっと⁈ケチくさいかもしれませんが利用できるものは、どんどん利用しましょう!

・スーパーの無料の水
・ポケットティッシュ
・ドラッグストアなどで貰える化粧品
・スーパーの袋
・懸賞やモニターを活用する

スーパーで貰える水はとても便利です。日常飲むのにはコレで充分!水道代の節約にもなりますからね。
ポケットティッシュもあると意外と助かります。バッグに一つは入れておきたいですからね。これも購入すると100円〜200円はするので節約になります。
恥ずかしがらずに貰いましょう。
また、スーパーで買い物をした際に貰うビニール袋はゴミ袋として利用できるので捨てずにとっておきましょう。

こんな記事も読まれています