キラキラママになるために☆妊娠中にできること【しみ•そばかす】

1,814 views

嬉しい妊娠。

お腹の中の赤ちゃんに早く会いたくてうずうずしてしまいますよね。

しかし、メイクをしようとしたらいつのまにかしみだらけ…

キラキラしたママになるためには妊娠中のケアがとても大切です。

理想のママを思い描きながらしっかりケアをして幸せいっぱいのマタニティライフを過ごしましょう。

今回は「しみ•そばかす」について紹介します。



なぜしみやそばかすできるの?

妊娠に伴って女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンが急激に増えます。
これは、メラニン細胞を刺激するホルモンでもあります。
メラニン細胞が刺激されると、メラニン色素が活性化され肌の内部から黒くなっていきます。
特に顔は、紫外線を浴びやすく、新しいしみや濃くなったしみが目立ちやすい部位でもあります。
妊娠前は、肌に気をつかっていても、つわりや身体の変化でケアが面倒になりがちです。
産後も綺麗な肌でいたいのならば、継続してケアをしていきましょう。

しみ•そばかすを予防するために【日焼け止め】

「ちょっとそこまでだし…」「今日は曇っているから」といって、日焼け対策を怠るとすぐにしみができてしまうのが、妊婦さんの悲しいところ。
日焼け止めクリームをしっかりぬって外出しましょう。
顔だけでなく、首やデコルテ、手なども色素沈着が目立ちやすく、産後「疲れたママ」に見えがちなので忘れずにケアしましょう。

しみ•そばかすを予防するために【美白化粧品】

妊娠中は、肌がとても敏感になっているので今まで使用していた基礎化粧品が合わなくなったなどのトラブルも生じるでしょう。
一般的な美白化粧品は刺激が強く肌荒れの原因となってしまいます。
しかし、しみを作らないためには、美白成分配合の化粧品は欠かせません。
低刺激で安全なものや「妊婦さんでも使える」と紹介されている化粧品を積極的につかいましょう。

しみ•そばかすを予防するために【美容皮膚科】

しみが気になって仕方がないと気持ちも沈んでしまいます。
そんなときは専門家に相談しましょう。
妊娠中のレーザー治療は胎児に影響を与えることはないといわれていますが、ほとんどの美容皮膚科では「産後に」といわれることでしょう。
処置後のお薬も内服できないので、出産後に相談してみましょう。

赤ちゃんが生まれてからも…

赤ちゃんが生まれてからも気が抜けません。
1ヶ月検診を終えた赤ちゃんには、外気浴が推奨されています。
外の空気を吸い、太陽の光をあびることで、生活リズムを整える働きがあります。
しかし、赤ちゃんの皮膚は薄く、バリア機能が弱いため、肌を紫外線から守る必要があります。
ママの日焼け対策と一緒に赤ちゃんも日焼け対策をしておでかけしましょう。

こんな記事も読まれています