『これだけはやめてほしい…』部屋に招いた彼女に、やってほしくない男のホンネ

2,031 views

お付き合いが慣れてくると

彼との距離が縮まって、お部屋でデート…

なんてこと、ありますよね。

でも、どんなに親しくなったとしてもマナーは必要です。

知られたくない部分って、誰にでもあります。

彼のことが何でも知りたくてついやってしまう行動が

逆に彼を傷つけて、

彼との距離が離れてしまうことも…。

特にどんなことに気を付ければよいのか

部屋に招いた彼女にやってほしくない事5つを

ご紹介いたします。



部屋の探索

彼の部屋に招かれた時、ついやってしまう行動が、家探し。
彼がどんなことに興味があるのか、確かに気になるところです。
でも、隠しているものを見られたくないのは男性も同じで、部屋の中をいろいろ詮索されるのは、気分の良いものではありません。
部屋は“自分の場所”というプライベートスペースなので、いくら仲の良い彼女でも、物色されるのは不快なもの。
慌てて片づけた形跡すら見られるのを嫌がる男性もいますので、部屋のあら捜しのような行動は避けましょう。
信頼関係を壊したくないという彼の気持ちを察してあげましょう。

引き出しの中を見られる

家探しのような行動でも、特に嫌がるのが引き出しの中を見られること。
引き出しは、銀行の通帳や、写真など、いつでも出し入れ出来て、かつ貴重で大切なものを入れておくことが多い場所。
貯金をチェックされるのでないかという不安や、浮気調査のようなことをされると気持ちが冷めるというように、特に見られたくないプライベートな空間が“引き出しの中”には広がっています。
引き出しは部屋中の随所にあるため、詮索する気がなくても、つい開けてしまいがちですが、貴重品でも常に出し入れできる手軽な場所に保管してしまうのが男性。
女性のように厳重にタンスの奥深くに…なんて事はあまり考えないようです。
細かな気配りの利く女性が気を付けて、引き出しを開けるときは、彼の許可を得てからにしましょう。

散らかしっぱなしで帰る

彼と二人きりの狭い空間で、お互いにゆっくり羽を伸ばして、大声で笑ったり、イチャイチャしたり、人の目を気にせずに自由気ままな時間を過ごせるのが部屋デートの良いところ。
お菓子を摘まみながらDVDを見たり、音楽を聴いたり…。
あっという間に楽しい時間が過ぎて、帰りの時間になりましたが、そこで注意しなければなりません。
今まで過ごしたお部屋、汚れたままではありませんか?
お菓子、食べ散らかしてませんか?
コップはちゃんと下げましたか?
ソファーやベッド、乱れていませんか?

中には私物を置いて帰ってしまうという女性も
…。
何度か行き慣れた彼の部屋でも、あくまで他人の部屋。自分の部屋でも家でもありません。
飛ぶ鳥跡を濁さず。マナーはきちんと守りましょう。

彼の存在を無視

誰からも邪魔されない、せっかくの2人だけの時間。
それなのに、スマホばかりに夢中で、彼との会話なし…なんてことありませんか?
他の友達とのメールやライン、Twitter、携帯アプリなど、今やらなきゃいけない用事であることも少なくないと思いますが、つい夢中になって、それに時間を費やしてしまい、気がつけば彼と部屋で何をしていたのか、全くデートにならない、なんて事も。
中には、友達と長電話で一人楽しんで、彼の存在は全く無視なんてことになったら、もう二度と部屋に招かれなくなるかもしれません。
急用の連絡ならば手短に済ませたり、後で連絡すると言って切るなど工夫して、彼との時間を大切にしましょう。
その行動によって“自分を優先してくれている”と、彼の気持ちもうれしくなりやさしくしてくれるかもしれません。

スマホやPCを無断でのぞき見

情報化社会の今、ネットワークは欠かせなく、一家に1台どころか一人に一台のPC、携帯所有が当たり前となっています。
携帯所有はもちろん、必ずと言っていいほど、彼の部屋にもPCはありますよね。
そこには、所有者にとって膨大な数の貴重なデーターが入っているはず。
それを覗き見ることは、心を覗かれることと同じくらいにあってはならない事もあります。
彼がふと部屋を出て、一人きりになった時…。
ついスマホを覗き見たり、PCを勝手に開いてみたりしたくなることがあるかもしれませんが、プライバシーの侵害になります。
親しき仲にも礼儀あり。
お互いのプライバシーに、一線を引かなくてはならない部分があります。
小さなことかもしれませんが、いくら仲が良くてもまだ家族ではありませんので、お互いを尊重しあって、良いお付き合いをしましょう。

こんな記事も読まれています