浮気をされても最後は選ばれる妻でいるためにしたいこと

1,730 views

男は浮気をする生き物である。昔からよく聞く浮気の言い分けです。

その真偽は別にして、浮気されても選ばれる妻でいたいですよね。

浮気をされただけでもショックなのにその上、離婚を迫られたら屈辱的です。

そこで今回は、浮気をされても愛される妻でいるためにしたいことをまとめました。



男の浮気は止められない?

男は浮気をする生き物である。
これは自分の遺伝子を残さないといけないという本能によるものなので防ぐことができない。
こんなことを聞いたことはありませんか?

確かに浮気はされないのが一番です。
でも、浮気されて浮気相手と結婚するから離婚したいと言われたらもっと屈辱的ですよね。
そこで、今回は浮気防止から少し視点を変えて浮気されても選ばれる妻でいるためにしたいことをまとめました

夫のステイタスを上げる自慢の妻になる

男性はプライドが高い生き物です。
他の人から「あんな奥さんがいていいよな」「○○の奥さんはすごいよな」と言われる妻は滅多なことでは手放そうとは思いません。

美しい妻は「あんなきれいな奥さんがいて幸せだろう」と言われます。
料理上手でもてなし上手の妻は「あんなおいしい料理が待ってたら家に帰るのも楽しみだな」と言われます。
夫に尽くす妻は「あれだけ尽くされたら仕事もやりがいがあるよな」と言われます。

自分の得意分野で夫のステイタスを上げてください。

夫の仕事にプラスになる

一日の時間の大半を占める仕事は男性にとってとても重要です。
仕事での評価は男性の人生の幸せ度を決める重要なポイントです。
ですので、仕事に対して新しい気付きやこれまでなかった視点を与えたり、落ち込んだときでも仕事に前向きにさせてくれる妻を夫は大切にします。
浮気相手とあなたが万が一比べられることがあっても「離婚すればこれまでのようなアドバイスやサポートが無くなる」という気持ちが男性に浮気相手ではなく妻を選ばせます。

経済的に必要な存在になる

最近、増えてきたのがこのパターンです。
女性の社会進出が進み、夫のサポートではなく、戦力として家計に貢献する女性が増えてきました。
これからの時代、「稼ぐ妻」は確実なプラスポイントになります。

でも家計の中身はあいまいになりがち。
離婚するとこれまでのように外食ができなくなる、趣味にお金を使えなくなる。
ということがいざとなれば「具体的な数値で」見せられるように家計簿を付けておくなど工夫しましょう。

自分が得意なことから始めて

いかがでしたか?浮気相手よりも選ばれる妻になるための道筋は見えてきましたか?
ただ、全部をこなすのはとっても大変そうですよね。
なので、最初は自分が好きなこと、得意なことから始めてください。
平均的にいいことよりも「あなたでないとできないこと」を作るようにしてくださいね。

こんな記事も読まれています



シェア