かわいいベビーカーがいっぱい!うちはどんなのにしようかしら。

1,993 views

さあ出産準備!何を買えばいいのかしら?といろいろ考えた時に、お洋服や身の回りのものはもちろんですが、どうしても高額になりがちなものがベビーカーとチャイルドシートではないでしょうか?せっかく高いお買い物だし、大切な赤ちゃんを乗せるのだからしっかり選びたいですよね。でもたくさんありすぎてよくわからない…そんなベビーカー選びについてまとめてみました。



いつ買う?

購入時期で迷われる方は結構いるようです。産後のバタバタした時期にあわてて購入するより出産前にゆっくり吟味して購入しておくというのも1つだと思いますし、出産後、子供と一緒に外出ができるようになってから一緒に選ぶというのも一つだと思います。

≪購入時期を検討するうえでのポイント≫
●そもそも必要か検討する
意外かもしれませんが、購入したもののあまり使わなかったという方もいらっしゃいます。現在はショッピングセンターなどでは備え付け のベビーカーが借りられる施設も多く、車移動が主という方は意外とご自分のベビーカーの出番がないということも考えられます。
●いつから使いたいか
新生児から乗せられるタイプでも生後1ヶ月からとしているものがほとんどですし、産後1ヶ月以内に親子で外出をするというのも稀だと思います。
 
私見ですが、出産前にある程度ほしいものを吟味しておいて、産後の生活をみて購入するというのがいいのかなと思います。

A型?B型?

大きな違いは以下の通りです

≪A型ベビーカー≫
対象月齢   1ヶ月~
シート角度  110度~180度
重量・大きさ 重く、大型
価格      高価なものが主流
機能      両対面対応が主流

≪B型ベビーカー≫
対象月齢   7ヶ月~
シート角度  座り姿勢のみ
重量・大きさ 軽量、小型
価格      低価格
機能      両対面機能なし

住環境やライフスタイルによって選ぶ

ベビーカーもいろいろな形があります。A型、B型、バギータイプ、3輪タイプなどなど。
デザインやブランド、価格などに目を向ける方が多いと思いますが、選ぶ際にとても重要なのが使用する住宅事情です。

≪住環境と比較した際のチェックポイント≫
●玄関の広さと比較
どのベビーカーも簡単に小さくたためるものと思っている方もいるかもしれませんが、大きな間違いです。
実際購入し、自宅に持ち帰って玄関に置いてみたら、玄関が身動きが取れないほど狭くなってしまう。ということも考えられます。
折りたたんだ時のサイズ、自立するかなどをチェック! 

●2階以上だけどエレベーターがないなど、階段を上る場面が多い
片手にお子さん、片手に折りたたんだベビーカーという場合も考えられます。
ワンタッチで折りたたみ可能か、持った時の重量はどうかなどをチェック!

●外出はほとんどベビーカーの予定で舗装状況が悪い場所も多い
タイヤからの振動は意外と赤ちゃんに伝わるものですし、普通に歩いている分には気にならなかったちょっとした段差にひっかかることもしばしば。
タイヤサイズの大きなものやエアタイヤ(ゴムタイヤ)のものをチェック!

1台で足りるかしら?

もちろん1台で十分!何人生まれても壊れない限りはその1台で通すということも可能です。
A型ベビーカーはたいていのものがAB兼用のように新生児からベビーカーを卒業するような年齢までを対象としているものがほとんどです。ですので、長く使えるという意味でA型を購入する方が多いでしょう。
ただ、街中で空のベビーカー片手にお子さんの手を引いているような光景を目にする方も多いのではないでしょうか?
また、旅行などに行くときにそんなにベビーカーには乗らないけど、まったく無いのは不安。ということもあるでしょう。そんな時に活躍するのが、軽量でコンパクトなB型です。
最近はA型を購入、使用し、ある程度の月齢になったらB型を購入という2台持ちのご家庭も増えているように感じます。
また、上のお子さんとの年齢差が少なく下のお子さんが生まれたという場合も、上のお子さんがしっかり歩けるわけではないので2人ともベビーカーに乗せたいということで二人乗りを再度購入という場合もあるでしょう。

番外編

最近はいろんな形のベビーカーがあります。
≪二人乗り≫
双子ちゃんや兄弟の年齢差が少ない場合に活躍するのが、二人乗りタイプ。昔は二人乗りというと横並びがほとんどだった印象ですが、最近は昔ながらの横型、前後にならぶ縦型、2段重ねタイプなど様々な形がいろんなブランドから出ています。

≪電動アシスト≫
意外と手間のかかるベビーカーの開閉をボタン一つでしてくれる電動開閉式タイプやバッテリーを搭載した電動アシストベビーカーもあります。

≪ジョギング用≫
以前芸能人ママが使用して話題になったことがありますが、押しながらランニングができるバギーランタイプです。

≪トランスフォーム型≫
手押しのベビーカー、自転車をつけて子供乗せ自転車、専用タイヤをつけてバギーラン、子供乗せをすべてとって自転車といろいろなバーツを組み合わせることでいろんな用途として使えるもの。

などなかなか日本では目にする機会も少ないようなタイプもたくさんありますね。

いかがでしたか。それぞれご自身やお子さんにぴったりのベビーカーに出会えるといいですね!

 

 

こんな記事も読まれています