婚前と後になぜ変わる、仮面女子をみきわめるコツ

1,086 views

付き合っているときは、お互いに良いところを見せたがり、本性は結婚してから、では、あまりに悲しすぎます。お互いに相手の日々の小さいことを見逃さなければ、いいところも、あれ?と思うところも出てくると思います。寒波黄な人なんてこの世の中いないですし、求めてはいけないと思いまます。でも、相手をよく知るという事は、とっても大事なことです。女性は結婚して変わります、なぜなら、家事は思うより大変だから、妊娠してお子さんを授かるとまたまた変わります。育児24時間休みなしですから。結婚=相手を理解するという事が一番大事なのかもしれませんね。



お付き合いをしているとき、やたらと世話をやいてくれませんか?それ、いつも優しい?ご機嫌はいつも全開?

彼女はいつもご機嫌でにこにこ笑顔を絶やさず、かわいいですか?食事に行ってもどこに行っても気が付く彼女ですか?
たまに疲れて、何にもしない日もありますか?やたらと怒ってる感じの日もありますか?本当に、気が利く人は、いつも自然にいろんなことが提供できます。
でも、無理して献身的なところを見せてかわいいのを、アピールしてるだけだと、必ずぼろが出ますよ。それも、結婚してから、一緒に住むようになってからわかります。
遅いよね、それ。だから、男性はよく観察してくださいね。それでもかわいいならいい、かわいきゃいい、と思うなら別ですが夫婦生活は長いですよ。ずっと許せないなら、早めに言って解決しないと、知らないウtに鬼嫁になっていますよ。

鬼嫁ここにきたる!まさかうちに来るなんて思ってもいなかったですよね

付き合っているときは、よくいろんなものを作ってくれて、あー料理上手なかわいい彼女だなぁなんて、でれっとしていませんでしたか?それ、たまたまできたものだったかもしれませんよ。結婚してから、全く家事をしない奥さんになっていて、どうしたかと思ったら、スパゲッティーがほうきのようにくっついていたり、なぜか油揚げがそのまま1つテーブルに置いてあったという話を聞いたことがあります。
まて、まて、油揚げは、どうするの?焼いて食べて、てことなのか、このまま目背あがれの意味か、びっくりしますよね。そういえば、結婚するまで、料理や家事をしているところを見たことがなかった。というあなた。知っておいた方がいいかもしれませんね。
洗濯ものが、袖中に入ったまま干されているかもしれませんよ。

そのしぐさ、その言葉、計算済みではないですか?

恋愛してる時は周りが見えなくなっています。冷静になっているつもりでも、好きを占める割合が多いですから。デートの時、お酒が入ったとき、話をしている最中で、泣くことで許されると思ってる彼女ではありませんか?
女の武器はなくことだと思ってかわいいしぐさと思いこみ、ぽろぽろ涙が出る彼女。要注意だと思いませんか?それ本当の涙でしょうか?恋愛の時は、よしよしで済ませてきた涙も、信用して大丈夫ですか?
男性の前でやたらと、普段になくかわいい女性を演じてる人は女友達が少ないです。そう、嘘ということに女同士は敏感だからなのです。

いつもあなたの身体を、想ってくれていますか?

健康に気を付けてくれる彼女は、大切だと思います。
仕事をしていると、運動不足になったり、外食が多かったりすると、栄養が偏ったりしてよくありません。食はその時食べたい時期の物を食べるのがいい、と言われています。好き嫌いなしに食べることも大事ですが、そこ季節に出ている野菜など、身体が欲しがったらどんどん食べてください。また、お散歩でもいいです。バスによる距離を、たまには、二人でお散歩してみませんか?健康とは、その日だけではなく日々の積み重ねです。作るのが面倒な日は
人でたまには外食もいいのではないでしょうか?健康で、得られることはたくさんあります。そんなことをつねに気にしている女性は、きっと肌もきれいですし、いつまでも美しいはずです。自慢の奥様になりますよ。

あっ。もしかして赤ちゃんができたかもしれない!私のおなかにもう一つの命

これで、いつかはお子さんを授かることにもなるでしょう。
ホルモンのバランスも崩し、今まで経験したことないくらいの大きなおなかで、熟睡もできません。
どうしても、イライラしてしまいます。生まれてくる子どもの為とわかっていても、そんなものです。しかす/し、男性は、この様な事もなく、いつも通り、今まで通りですよね。お子さんの顔を初めてみて、あーこの子が自分の子供なのだと思うくらいで、なかなか実感は急にわきません。でも、この日をさかえに妻は母となるのです。母乳をあげ、抱き上げ、あやし、日々母としての貫録がつくのです。え?付き合ってる時と全然違うじゃん!と思うのが男性のほとんどでしょうが、お子さんは、ママの子だけではなく、パパの子どもでもあるのです。今までのように部屋がかたずいていなくても、夕飯が間に合わなくても、理解してあげましょう。お子さんは24時間休みなし営業なんですから。

こんな記事も読まれています