育児中のイライラ解消法!いつでも笑顔のママでいるために★

1,558 views

産む前は可愛いだけだと思っていた赤ちゃん。

実際産まれてみて、育ててみて、一筋縄じゃいかないことだらけでついイライラしてしまうこと、ありますよね。

でも本心はちゃんと笑顔で子どもたちと接して楽しく育児をしたい!

そんなママへイライラの解消法をご紹介します。



早起きをする

夜は子どもを寝かしつけている間に一緒に寝てしまうから自分だけの時間がなかなか取れない…。
そんなママさん、是非30分だけでも家族より先に早起きしてみましょう!
自分のためだけにコーヒーを淹れて、小さいチョコレートやマドレーヌなんかを用意して朝からホッと一息★
自分の好きなことができていいリフレッシュになるし、「よし、今日も頑張ろう!」と活力もわいてくると思いますよ。
家族が起きてきたら、今度はきっと子どもたちとしっかり向き合うことができるでしょう!

考え方を変えてみる

赤ちゃんや子どもたちは自分の意思を泣くことでこちらへ訴えてきます。
思うように事が済むまで泣き続けられるのは正直キツイですが、でもそんなときこそ考え方を変えてみて!
「泣く」ということは子どもたちの重要なお仕事です。
何もすぐに泣き止ませなければならないわけではありません。
駄々をこねるのもちゃんと自己主張ができている証拠です。
子どもが泣くのは「当たり前のこと」。
ここまでは頑張ってみるけどそれでも泣き止まなければちょっと泣かせておこうかな、くらいの心の余裕を持ってみましょう。

ココア・ハーブティーを飲む

ココアには、ストレスで増加するホルモンの分泌を抑えてくれるカカオポリフェノール、また自律神経を整えてくれる成分もあり、これらがストレスへの抵抗力を高めてくれます。
さらにこの効果には持続性があるためリラックス状態を長く保つことができます。
イライラが募っているときに飲むと実に効果的な飲料ですね。

また、ハーブティーにもリラックス効果があります。
特に何か楽しいこと、例えば好きな音楽を聴きながら、読書をしながら…、それと一緒に飲むとより効果的です。
ハーブティーには様々な香り・味のものがありますので、自分好みのハーブティーとそれに合った空間演出なんかをしてみるといつもの日常から少し離れることができるでしょう。

簡単にパクッと食べられるものを

イライラを抑えてくれるのは飲み物だけではありません。
例えばクルミは高血圧予防や精神不安に効果的な食べ物ですし、ひまわりの種には感情的な気持ちを抑えて正常なレベルまで落ち着かせてくれる効果があります。
ストレスを解消してくれる食材(例えばマグネシウム豊富なホウレンソウなど)で手の込んだ料理づくりをするのも良いですが、ちょっとイライラしてしまったときに手軽にパクッと食べられるものが近くにあるとより安心ですよね。

自分にご褒美をあげてみる

子どもが生まれる前は当たり前にできていた、外食にネイルに映画鑑賞。
ママになるとそれらを一気に失ってしまい、家には泣きわめく子どもと自分だけ…。
ご主人やご両親に預けてちょっと気分転換♪というのがなかなかできないママさんでも、たまにコンビニでリッチなスイーツを買って子どもがお昼寝してる間にまったり食べてみたり、DVDをレンタルしてきて子どもを寝かしつけてから夜中にのんびり上映してみたりしてみてください。
クォリティーは独身時代より劣るかもしれませんが、子育て中はそんなプチ贅沢が意外と幸せに感じるものですよ★

こんな記事も読まれています