いつまでも仲の良い夫婦でいるためには、「一緒に○○をする」ことが大事だった?!

5,626 views

いつまでもラブラブな夫婦でいるためには、「一緒に○○」することが大事なんだとか。難しい事をする必要はありません。仲のいい夫婦は、すごくシンプルな習慣を心がけているのです。結婚生活を長くラブラブに過ごしたいと思っている人、これから結婚したい人も参考になりそうな情報ばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。



●一緒に散歩をする

普段、仕事や家事に追われて近所をゆっくり歩いたことがない人は多いです。1日20分~30分程度からでもいいので一緒に散歩をしてみて下さい。そうすれば、今まで気付かなかった素敵な場所がいっぱいあることに気づいたり、小さいころによく見ていた懐かしい花を見つけたり、色んな感動を二人で分かち合う事ができます。

散歩は、基礎代謝をアップさせる効果があり、運動不足解消にもいいです。健康にもなれて、夫婦の仲も深まる。いいことだらけです。

●一緒にお風呂に入る

一緒にお風呂に入るのは、少し恥ずかしい…と思う人も多いと思いますが、長く一緒にいるとどうしてもコミュニケーション不足になったり、会話が減ってきます。お風呂場の中は、テレビも雑誌もないので集中して会話ができます。ぬるめのお湯にゆっくり浸かるとリラックス出来るので、普段より穏やかな気持ちで会話ができると思います。

毎日とまではいいませんが、週に三回くらいは一緒にお風呂に入ってみることをおススメします。

●一緒にドライブ

夫婦の円満度は、ドライブの距離に比例すると言われています。夫婦で一緒に車に乗る時間や距離が長いほど、浮気、離婚の確率も低くなるそうなんです! 休日はドライブがてらどこか遠くへ行ってみてはいかがですか?

そして、助手席は男性の左側にいることになりますよね。男性の本能は左手で女性を守り右手で敵を威嚇するようになっています。子供を助手席に座らせるのではなく、なるべく旦那さんの隣は奥さんが座った方が良いです。車の中に限らず、食事の時や歩くときも男性の左側にいることを意識してみましょう。

●一緒に旅行に行く

夫婦で旅行に行くと、一日の会話時間が普段と比べて「1.5倍以上増える」というデータがあります。
二人きりで行くということがポイントです。お子さんがいる家庭はなかなか二人っきりでゆっくり過ごすことができないと思いますが、年に一度くらいは両親に甘えて二人きりでの旅行に行ってみて下さい。

●最後に…

上記で紹介した4つの事に共通するのは、同じ時間を共有して、顔を合わせて話をするということです。長く仲良しでいる夫婦は、会話時間を上手く取れているので、コミュニケーション不足になっていないのです。
特別な事ではなく、少しだけ相手を思いやると、日常的に行える事ばかりですよね。
毎日一緒にいる相手なので、喧嘩をしたり腹が立つ事もあると思いますが、 日々のコミュニケーションがあれば、喧嘩も小規模で納められ、喧嘩の回数も減ってきます。

こんな記事も読まれています



シェア