いつまでも恋していたい!結婚後何年経っても夫に恋する方法5選

4,547 views

結婚すると旦那さんの悪口ばかり言っていたり、結婚生活への不満ばかり口にしている奥さん、身近にいませんか?

自分はそうはなりたくない!幸せな生活を送るんだ!と思っている人におすすめの、結婚後何年経っても夫に恋する方法をご紹介します。すでに結婚生活が始まっている人も是非参考にしてみてください。



恋していたころを思い出す

結婚するまでは、旦那さんに恋していたはずです。
結婚式は、きっと人生で最高の一日になったことでしょう。
それなのに、結婚してしばらくすると相手の悪い部分ばかりが目についたり、不満ばかりが膨らんだり・・・
そういうときは、恋していたころを思い出してみましょう。

「私は彼のどこに惹かれたのかしら?」
「どうして彼と結婚したのかしら?」
もしかしたら忘れそうになっていた気持ちを、思い出してみてください。
初めてのデートでドキドキした気持ち、幸せな気持ち、楽しかった気持ち、たくさん思い出してみましょう。

月日を重ねたことで、当時のような新鮮な気持ちは味わえなくても、結婚してもいい・結婚したいと思えた相手のことを、改めて考えるきっかけになります。

家族や友人に夫の悪口を言わない

夫婦で生活をしていくうえで、愚痴を言いたくなる時もあるでしょう。
家族や友人に愚痴を聞いてもらってスッキリすることもあるでしょう。

でも、悪口は言ってはいけません。

愚痴はどうしようもない自分の気持ちを吐き出すことですが、悪口は相手の性格や人となりを否定し、攻撃することです。
好きで一緒になったはずの相手のことを否定し、攻撃することは、あなた自身の否定にもつながり、ますますイライラしてしまいます。

夫婦で過ごす時間を作る

日々の生活に追われて、お互いが何を思っているのか、どうしてほしいのかを考える余裕もなく過ごしていませんか?
夫婦で過ごす時間は、夫婦円満でいるためにはとても大切な時間です。
休みの日にデートをしたり、家でゆっくり過ごすのもいいですし、連休には旅行するのもいいですね。
旅館に泊まれば、家事から解放されます。
その分、夫婦で過ごす時間が増えるのです。
非日常の中、夫婦でゆっくりと過ごすことができれば、お互いを大切に思っている気持ちに気づけるかもしれません。

一人の時間を大切にする

いつも夫婦一緒に過ごすのもいいですが、たまには一人になってみましょう。
一人でいるときに旦那さんのことを考えてみてください。
どんなことが思い浮かびますか?
「今頃なにしてるのかな?」
「ちゃんとご飯食べたかしら」
「お友達と楽しんでるかしら」

きっと、結婚前はそういう風に相手のことを考えていたのではないでしょうか。
一人の時間を大切にすることは、夫婦円満の秘訣でもあります。
相手のことを想うのはもちろん、自分のやりたいことをやることでストレス発散にもなりますね。

節目の日を忘れない

結婚記念日や誕生日はもちろん、クリスマスやバレンタインデー、節分や桃の節句や端午の節句など、自分たちの記念日以外にも、さまざまな節目のイベントを楽しみましょう。

結婚して時間が経つと相手に慣れてしまい、感謝の気持ちを忘れがちです。
結婚記念日や誕生日のお祝いも「やらなくていいよね」と思うようになり、そのうち記念日すら忘れちゃった・・・という人もいます。
でも!記念日は相手への感謝の気持ちを思い出すチャンスなのです!
特に結婚記念日は、感謝の気持ちだけではなく、結婚当時の愛情も思い出してみましょう。

カレンダーに記載されている昔ながらの節目の日も、普段とはちょっと違う雰囲気を味わえます。
行事にちなんだ料理をしてみたり、イベントが行われているのなら夫婦で参加してみたり。
いつもとは違う旦那さんの表情を発見することができるかもしれませんよ。

こんな記事も読まれています