妊娠中の記念に☆素敵なマタニティフォトのアイディアをまとめました。

8,856 views

マタニティフォトとは、妊娠中の姿を記念として写真に収めることです。最近はマタニティフォトを撮る人が増えています。妊娠という期間はとても貴重なので、海外では写真に記録する事が多いのですが、その流れが日本にも少しずつ広まってきているようです。素敵なマタニティフォトのアイディアを紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。



お母さんのソロショット

☆一枚目は、お腹の部分が出ているドレスを着ての撮影。写真館で衣装を借りてプロに撮影してもらうという人はとても多いです。

☆二枚目は、お腹にハートの影をを映し出しています。海辺やなど景色がきれいな場所で撮影するととても雰囲気のある写真になります。

●夫婦で

夫婦で一緒に撮影するのもいいですよね。
☆一枚目は、お互い向かい合ってのショット。産まれてくる赤ちゃんをどれほど待ち望んでいるか、大切
に思っているかが伝えわる写真が撮れていいと思います。

☆二枚目は、白シャツ×ジーンズというカジュアルなペアルックを着て、いつもの二人を撮ったような写真。自分たちでセルフタイマーで撮ったようなシンプルな写真ですが、幸せな様子が伝わってきていい写真ですよね。

●子供と一緒に

上のお子さんと一緒に撮影するというお母さんも多いです。
☆一枚目は、自分のお腹とお母さんのお腹の大きさを比べているというとても微笑ましい写真です。自然な表情がとてもいいですよね。

☆二枚目は、お兄ちゃんとお姉ちゃんと一緒に。「早く一緒に遊ぼうね♪」なんて声が聞こえてきそうな、幸せいっぱいの写真です。

●その他

☆一枚目は、お腹が大きくなる様子を撮った写真。
一か月ごとに撮影すると、赤ちゃんの成長を記録できていいですよね。後で見返しても、楽しいと思います。

☆二枚目は、お腹にお花をつけて撮影。妊娠中に付けていたお花を赤ちゃんが生まれてからも使っています。リボンやお花は、女の子ならピンク系、男の子なら水色系が可愛くておすすめです。

●マタニティフォトを撮影する時期・料金について。

●撮影する時期は、おなかが目立ってくる、妊娠8ヶ月~9か月くらいに撮影する人が多いです。
しかし予定日に近くに撮影すると、撮影日より先に出産…なんて可能性もあるので、予定日の1~2ヵ月ほど前に予約を入れておきましょう。妊娠時期はお母さんの体調が一番大事なので、くれぐれも無理はしないようにして下さい。

●料金は、写真館によって差がありますが、だいたい5000~10000くらいです。撮影するカット数によっても変わってくるので、お近くの写真館に問い合わせてみて下さい。

妊娠した喜び、これから生まれてくる子供への想いを写真に残してみませんか?
赤ちゃん生まれたら、「こんな風にお腹の中にいたんだよ」と見せてあげたいですね。マタニティフォトは、子供へのプレゼントでもありますが、子育てに悩んだときなどに見返して、初心を思い出すこともできると思いますよ☆

こんな記事も読まれています



シェア