これで高額ランドセルだって買える!幼稚園に入ったら”ランドセル積立”をはじめよう♡

2,600 views

子育て中はどうしてもお金がかかるもの。幼稚園、保育園も毎月のお金を捻出している家庭だって多いはずです。そして、困るのが「ランドセル」代。

最近では、前年度の5月~ランドセルの販売がはじまっていて、早期化が進むばかり。人気の商品はすぐに完売するので急いで購入しないといけません。

最近では、おじいちゃん、おばあちゃんにランドセルを買ってもらう人が多いようです。お盆の時期には人気のモデルが次々と売れていくことになるようです。

とはいえ、ランドセルってとにかく値段が高いもの。おじいちゃん、おばあちゃんに払ってもらえない場合は??そこで、6~7万円の相場のランドセルを気軽に買うためには「ランドセル代」をあらかじめ貯金しておくのがおすすめです。



狙うべきなのは……デパート積立だった!!

ランドセル代を積み立てる時に注目したいのが「デパート」。デパートというと、化粧品やブランド商品が多いイメージですが、ランドセルもあるんですね。

老舗のカバン屋さんで依頼することを決めている場合もあるかもしれませんが、デパートでは色々なメーカー商品を比較できます。クラリーノやオロビアンコ、デパートオリジナルのパターン明度もあります。刺繍やお名前ラベル入れ、色も違っています。
同じモデルでもイメージが違う商品もあったりして、色もブラウンやブルー、女の子はピンクやパステルブルーもありますよね。

比較して決めたい時には、デパート。このデパートでの積み立てが「使える」んです。ランドセル専用の積立ではないので、余分に貯めておいて、余ったら化粧品などママのお買い物に使ってもいいのも嬉しい点ですね。

デパート積立でランドセル代を捻出!

デパート積立でランドセル代を捻出できます。

例えば、1ヶ月5000円の積立、12ヶ月後には

5000×12=60000
60000+1ヶ月分の5000円=65000円

と65000円の貯金と同額に。本来なら6万円の貯金だったはずが1年経過することで65000円になるので、およそ5000円引きでランドセルを買えるのと同じことに!

1ヶ月1万円なら、12ヶ月後には

10000×12=120000
12000+1ヶ月分の10000円=130000円

となり、デパートで食材や化粧品、靴などを買うママならこちらもおすすめ。1万円分お得に利用できるんです。

【おすすめ商品①】<ロイスター>牛革キューブランドセル ダークブラウン| 66,960円

ロイスターのランドセルはダークブラウンの色。暗めの黒に近いダークブラウンは、太陽の下だとほんのり茶色っぽく見えるくらいで、おしゃれ度も抜群。シンプルだけれど安いランドセルにはない高級感を求めたい人におすすめです。

価格も66960円なので、1ヶ月5000円のデパート積立をしていって12ヶ月後の65000円がちょうどぴったりになる計算。内側のストライプ柄も素敵です。

A4フラットファイルが入ったりと、よく考えられています。

【おすすめ商品②】パターンメイドランドセル 牛革ベーシック型刺繍あり 商品マーク|76,680円

三越伊勢丹のオリジナル商品は、黒いランドセルにブルーのパイピングがアクセントになったものです。パターンメイドランドセルは、自分の好みに応じて刺繍ありなしを選べたり、色も11色から選べたりとオリジナルランドセルを作ることができるのが魅力。

本体をブラックにしても内装を定番のキャメル無地にせず、迷彩にするか、三越のタータンチェックにするかで個性を出すことができます。ボタンも台形の鋲にせずに、IVYボタン、ダイヤカット、女の子ならリボン、ハートに?など迷いつつ決めることができるんです。
ネームプレートで名前を明記することもできて、まさにオリジナルのオーダーメイド商品です。

価格は7万円台。65000円分のデパート積立に、お祝い金をプラスすれば払える金額では?足らない分はちょっとだけプラスして支払ってみてください。

【おすすめ商品③】<琳派>×<オロビアンコ>ランドセル ブラック|89,640円

例えば、イタリアのオロビアンコとのコラボ商品は89640円。
65000円分全額を使って、それに加えて24000円ほど。お祝い金でまかなうとちょうどいい計算になります。 

オロビアンコのイタリアンカラーのリボンもついていて、やっぱり高額商品は違うと思います。
おともだちからも「かっこいい」と褒められるのも、こんなブランドランドセルではないでしょうか。

内側にもオロビアンコのマークがプリントされていて、さりげない中にもかっこよさがあります。

この方法でデパートのランドセルも買える!使える!子供が幼稚園に入ったら貯金してやりくりしちゃいましょう!

こんな記事も読まれています