Oisixではじめよう!熊本募金ができるこんな方法♡【プチ募金から!】

1,426 views

2016年に起こった熊本地震。余震も続き、まだまだ復興に着手できていない事実もあるようです。

そんな中、Oisix(オイシックス)では、「食べて応援 EAT and SEND for熊本」の制度を導入。購入するだけで募金してくれる商品もあるとか。一体、どんな制度なのでしょうか?



「食べて応援 EAT and SEND for熊本」とは?

2016年4月の熊本地震。

農家も多く、全国に野菜やお米などを届けている熊本地域が被害にあっています。日本赤十字社をはじめ、様々な団体で募金活動を行っていますが、野菜の通販サイトでもあるOisix(オイシックス)では、復旧、復興を願って「食べて応援 EAT and SEND」を実施しています。

1商品あたり50円! ……だから続けられる♡

「食べて応援 EAT and SEND for熊本」の寄付額は、1商品あたり50円。この金額なら、プチ募金で気軽に参加できますよね。

1商品購入すると …… 50円
2商品購入すると …… 100円
3商品購入すると …… 150円

とちょっとした金額を募金していけます。もちろん、募金なしの通常商品もあります。いくら募金するかは、その人の気持ち次第。募金額は余裕にあわせて選ぶことができます。

食べて応援!募金付き商品は、いろいろある!

食べて応援!募金付き商品は、

・北海道根釧地区milk 
・飛騨高原 milk 
・鈴鹿山麓ヨーグルト 
・たまご 
・生クリーム入り食パン 
・国産豚のミニポークウインナー 
・九州産大豆使用 きぬ豆腐 
・湯葉寄せ豆腐 
・佐賀県産大豆使用 納豆

などなど。

毎日の食生活に必要なOisix定番の商品ばかりです。色んな製品があるので、普段購入している商品を買うついでに募金ができます。

九州産の農作物もある!プチ贅沢におとりよせ

自宅が全壊、半壊している中で、販売を再開している農家さんもいらっしゃいます。例えば、まゆみ農園さんの「たつやのにんじん」、後藤さんの「すじが少なくやわらか食感リーフセロリ」、「阿蘇の恵みにんじん」、福島さんの「そのまま食べられるサラダほうれん草」など。

応援の意味も込めて、購入すると、支援にもなりそうです。普段はプチ贅沢な、甘くておいしい野菜も、この機会におとりよせ。支援だから「ちょっとご褒美」してもいいかもしれませんよね。

熊本の農家の人にメッセージも!

熊本の農家の人にメッセージが送れるフォームもあります。

Oisixでは、熊本に生産者のある製品もあり、供給が難しくなっているものもあるようで、自宅が全壊、半壊している農家さんも……。そんな中、応援メッセージをもらえると嬉しい気持ちになれるのではないでしょうか。

被害が大きい地域では、販売を中止している製品もあるようですが、販売再開した時に「購入すること」で支援できるといいですね。

こんな記事も読まれています