放射能と放射線ってどう違うの?〜東日本の被ばくする子供たち〜

1,422 views

東日本大震災から4年。。。。。

東日本の子供達の放射線との隣り合わせの生活。

今どうなっているのでしょう。今どのように過ごしているのでしょう。

ほんとうに大丈夫なのでしょうか。



放射能って何?放射線と放射能の違いは?

簡単に説明すると放射能とは放射線を出す能力のことを表します。放射能を持つ物質を放射性物質と呼びます。
放射線とは、自然から出る放射線と人工的な放射線とがあります。

放射線を浴びるとどんな影響があるの???

放射線を浴びると、DNAが傷つけられます。細胞がどんどん傷つき死んでいきます。

 たくさん浴びることによって誰にでも起こる「急性障害(確定的影響)」は、最悪の場合、10日で命を落としてしまいます。一命を取り留めた場合でも重度のやけど、脱毛、発疹、皮下出血、リンパ球や白血球の減少、下痢などの症状が現れるそうです。
逆に、少ない線量を日々長年浴びているとガンなどの影響が表れることを「晩発性障害」と呼びます。長年浴びるほどガンの確率が高くなるので「確率的影響」と言われているそうです。

DNAには、壊れたところを修復する力があります。常に正しいDNAがつくられていくようになっています。
しかし、それが間違えて修復されると突然変異を起こします。また、仮に修復されてもDNAは不安定で変異を起こしやすくなります。突然変異が一旦細胞の中で起こるともう元には戻らないため、たとえ弱い放射能でもガンにつながる可能性があるのです。
結局のところ放射能って何が怖いの?人体への影響をわかりやすく解説 – Ameba News [アメーバニュース]引用

放射線を浴びていなくても日々の生活でもガンになる影響はあります。ガンは細胞に傷がつき細胞が突然変異を起こし、ガンになります。ガン制御細胞が普通は働きますが、その制御細胞が働かなくなるとガンになることがわかっています。
人工的な放射線を浴びることによりさらに、ガンになる確率を高めます。

余談ですが、網膜芽細胞腫(目の小児がん)の細胞の突然変異の遺伝子の研究により、ガンになる仕組みは発見されました。

被ばく地の子供達はどう過ごしているの?

適切な支援・ケアができている子どもと、心に傷を抱えたまま無気力になったり、自暴自棄になったり、不登校になったりしている子どもがいます。狭い仮設住宅の隅、1mの隙間で机に向かう生徒、親が見ているテレビの音で、勉強に集中できないという受験生もいるそうです。
親や家庭の経済状況を察して高校進学をあきらめる子どもいます。

そこで、被災地の子ども達に笑顔を取り戻すプロジェクトが様々な団体により始まっています

被災した子ども達の為のコラボ•スクールというのがあります。コラボ・スクールとは、 東日本大震災で被災した子どもたちのための、放課後の学校です。 津波で家が流されて狭い仮設住宅で暮らすなど、落ち着いて学ぶ場所を失った子どもたちに、 学習指導と心のケアを行っています。
東日本大震災子ども支援ネットワークという団体も活動しています。
地域の市民と地域生活者ネットが連携して、各地で継続実施してきた「フクシマ子ども保養プロジェクト」も活動のひとつです。

例えば芽吹きの会では、支援物資を募集しています。
子どもを持つ親として少しでも協力できればと思います。

http://ameblo.jp/cloverhari/

被災地の事実

放射線なんて人間にとっていい物なんかでは、ありません。とっていい物ではないとみんな分かっているはずです。
風評被害と言いますが、情報操作もいいとこです。もういっかぁ、すこしくらいいいかぁ。と諦めてはダメなんです。
遺伝子は未来にも続きます。
子ども達の明るい未来の為にも放射性物質はさけてください。
政府は原爆のたかが168発分といっています。被災地の事実を伝えようとしている人の口封じをしています。たかがではないんです。
広島がどんなに恐ろしい被爆地と化しましたか?
たくさんの人々が原爆病になりました。原発は直接浴びていないと言いますが、未だに放射線は出続けています。
子どもを持つ親は被災地へ帰りたくないという事実。
親なら放射線について調べ倒していると思います。
なるべくならとらない方がいいに決まってるのです。
日本に対して批判が出ているのも事実です。
東日本の親達はやはり産地を確認して買っているそうです。しかし、東日本には東日本の商品が多く、滅多に西日本の食品が入ってこないそうです。

福島の子ども達の思い

親からの食料制限や、遊んではいけない場所ができたことです。
テレビや新聞では、放射線なんか気にするほど怖くないよーってニュアンスで報道しているので、周りの友だちは全くそういうのは気にしてないようなのですが、私の親は放射線についての文献や資料を山のように読みあさり、私たちにどんなに怖いものなのかを、何度も教えました。

日本の線量を測る機械も、他の国の機械を使うといきなり値が変わると聞いて、ちゃんとした機械で秋田の山に囲まれた放射線量0の場所を見つけ、そこで長い休みの日は過ごしています。
原子力発電所がそんなに安全で危険性が低いものなら、東北におかないでください。

元々福島原発の電気は東京のものです。
汚いものを私たちに押しつけないでください。
http://www.tfm.co.jp/lock/2014/mirai/img/photo00.jpg                         宮城県 17歳 女の子

今でもお父さんお母さんを待っている子ども達はたくさんいます。
胸が張り裂ける思いです。
あんなに大好きだった人を奪いました。原発も原爆も人間の作った物です。原爆を落とされたのにその核で原発を作りました。
すべて大人の責任です。子ども達に罪はありません。。。。

今生まれた0歳の赤ちゃん、100年後の未来はあるのでしょうか。

子どもには嘘をつくなと教えます、どうして政府、東電は平気で隠蔽ができるのでしょうか。

復興するまで責任として政府は福島で生活していただきたいです。

誰によって生かされているのかを忘れてしまったのでしょうか。。。

国民がみんなお金があれば外国へ引っ越すことでしょう。
実際に裕福な家庭の人たちは、日本はもう放射線の影響でダメだと海外へ逃げています。
例えば最悪、数百年後、1000年後、半分以上日本は住めなくなくなり、海外が日本人に永住を無償で受け入れるようになったらどうなるでしょうか。

国民がいなければ国は滅びるでしょう。

きっと、日本は封鎖され、すべての建物が崩れていき、荒れ地となり、残るのはたくさんの原発のみ。誰が管理するのでしょうか?
すべての原発が故障すれば人類滅亡となるでしょう。チェルノブイリどころではありません。さらにまた大きな地震が起これば。。。。
きっと、諸国からは日本は嫌われ、差別によって日本から一歩も出してもらえなくなるかもしれません。

放射能の島となるのでしょうか。

最悪の場合を考えてコントロールされているのでしょうか。

そんな未来考えたくありません。そうなりませんように。。。。。。

1000年後も子ども達が笑って生活できる未来でありますように。。。。。

誰にもわかりません。

こんな記事も読まれています