子どもの歯並びを良くしたいなら口呼吸はやめさせよう

2,069 views

アメリカでは、「歯は命」と言われていて、小さなころから歯磨きを徹底しており、歯科矯正なども積極的に行っているようです。

それが当たり前の文化なのだと思いますが、私たち日本人からすればえ?何でそこまでするの?と首を傾げる人も大勢いるのではないかと思います。



アメリカ流虫歯予防

虫歯は徹底的に作らないように予防すると言うのがアメリカ流なんだそうです。
まず、アメリカでは水道水の中に、フッ素が含まれていると聞いて、びっくりしました。うがいや食事などの時に、日常的に適正濃度のフッ素に触れるので、ごく自然に歯が丈夫になっていくとか。
アメリカは広いので場所によっても違いがあると思うのですが、私の友だちが住んでいる地域では水道水を飲んでも大丈夫だと許可されていて、どんどん取り入れていいと言われているそうです。
また、アメリカは子ども専門の歯医者さんが大勢いて、ブラッシングの仕方など基本的なことを教えて下さるそうです。

半年に一度の虫歯チェック

アメリカでは、半年に一度歯のチェックに行くのが一般的だそうです。
なので、もし虫歯になってしまっても軽く済むので、痛くない=歯医者に行きやすい状況なのだと言われています。
日本では大人でも歯医者嫌いな人もいて、虫歯が酷くなってから行くので尚更こわいと言うのがあると思います。
子どもなら、尚更嫌がりますよね。ここはアメリカを見習いたい所です。

歯並びが悪いとどんな影響があるか

歯並びが悪いと見た目も良くないし、虫歯や歯周病の原因にもなるそうです。
また、発音に影響したり、かみ合わせが悪いので食事にも影響が出たり、その為心理的にも悪影響を及ぼす可能性があります。
アンケートの結果、実に小学生の90パーセントが自分の歯並びが気になると回答したというのも驚きです。

歯並びを良くするには

まずはよく噛むことが大事になって来ます。
子どもの好きな料理は、ほとんどがやわらかい物が中心で、あまり噛む必要がないので、あごの成長がスムーズにいかずに、その為最近の子どもはあごが小さくなっていると言われています。すると永久歯が生えるときに歯が綺麗に揃わずにガタガタになってしまいます。なのでなるべくかたい物をよく噛んで食べさせるようにすると良いでしょう。

口呼吸は避けるようにさせよう

無意識に口をポカンと開ける癖がある子どもは要注意です。それは歯を外側から支える力が弱くなって来ている可能性があるからです。
口呼吸は口元の筋肉を衰えさせるだけではなくて、見た目も良くありません。
また、姿勢も大事なので、普段から猫背にならないように気をつけさせましょう。
頬杖えをつく習慣も顔のゆがみの原因になるようです。
また乳歯でも虫歯を放置して、万が一抜くようなことになった場合は次に生えて来る永久歯のための隙間を狭くしてしまうので、虫歯に気づいたらすぐに歯医者さんに行き、治療をすることが大事だと思います。

こんな記事も読まれています



シェア