胎脂の赤ちゃんへの役割

2,262 views

【胎脂】という言葉をご存知ですか?胎脂とは新生時期の特有なもので赤ちゃんのお肌にはとっても大切な働きがあります。胎脂とは何か?またこの胎脂と新生時期の赤ちゃんのお肌との関係などをまとめてみました。赤ちゃんのお肌に不安があるママやこれからママになる妊婦さんにも是非参考にして欲しいです。

胎脂とは?

胎脂とは、お腹の中に赤ちゃんがいるときから赤ちゃんのお肌を守っている保湿に優れたものです。妊娠6ヶ月前後くらいからお腹の中で胎脂が作られ赤ちゃんの体全体をまくのような物で覆います。生まれたときに赤ちゃんの皮膚に白っぽいものがついている時がありますがこれが胎脂と呼ばれるものです。

胎脂の役割

この胎脂がどのような役割を果たしているかというと、赤ちゃんが産道を通りやすくする為という方もいますが赤ちゃんの皮膚は薄くデリケートな為に生まれたとき乾燥などの外部からの刺激から皮膚を守る為に胎脂が保護をしているとも言われています。

胎脂がいつまで保護してるのか?

赤ちゃんが生まれてすぐに肌に白く残っているものが胎脂ですが、胎脂はだんだん透明に色が変わる為に目には見えなくなりますが胎脂が残っていると汚れが付着しやすいので生まれてすぐに産院で洗い流します。洗い流しても胎脂の保湿成分はお肌に浸透している為に洗い流しても暫くの間はお肌を乾燥などから守ってくれています。

胎脂がなくなると

生後1ヶ月前後には赤ちゃんのお肌を守ってきた胎脂はほとんど無くなってしまう為にこの頃に肌トラブルが起こりやすくなります。胎脂が無くなってしまう上に赤ちゃんの皮膚は大人よりもとっても薄く水分の蒸発も激しい為に乾燥肌になりやすい状態になってしまいます。なので、少し早めに赤ちゃんのお肌を乾燥などから守る為にもスキンケアはしておくと良いかもしれないですね。

まとめ

赤ちゃんのお肌はプルプルで気持ち良いイメージですがそれは胎脂という成分がお腹の中にいる頃から赤ちゃんを守っていたからだったんですね。この胎脂が無くなる前から少しずつ赤ちゃんへスキンケアをして行けば赤ちゃんの皮膚が大人と同じくらいの厚さになるまでに乾燥などで肌トラブルを抱えたりせずに済むと思います。特に秋・冬は空気が乾燥するので赤ちゃんのお肌へのスキンケアはマメにしてあげてくださいね!

こんな記事も読まれています