赤ちゃんの誕生記念に記念樹を植えよう!

5,669 views

赤ちゃんが生まれたら、何か記念になるものを残したいと思いますよね。

おすすめしたいのが、記念樹を植えること!

赤ちゃんと一緒に成長していく記念樹は、他の植物よりも育てる楽しみがありますよ。

赤ちゃんが大きくなったら、一緒にお世話をするのも楽しみですね。

記念樹を楽しむためのポイントをいくつかご紹介します。



自治体からもらえる場合は是非もらおう

赤ちゃんが生まれた家庭に記念樹を配布してくれる自治体が増えているようです。
せっかくの機会なので、ぜひ記念樹をもらってください。
いくつかの品種の中から選択してもらうという形をとっている自治体が多いようです。

生まれてすぐに通知が来るのか、年に一度まとめて通知を送っているのかは自治体によってさまざまなので、問い合わせてみるといいですよ。
また、自分で申請をしないともらえない自治体もあるようなので、しっかり確認してみてくださいね。

慣れない人は育てやすいものを

それまで植物を育てた経験がないお宅の場合、育てやすい品種の記念樹を選びましょう。
すぐに枯らしてしまうのはあまりにも残念ですし、なんだか縁起も悪いですよね。

月桂樹やオリーブ、沈丁花などが比較的育てやすいようです。
お花屋さんや植木屋さんに相談してみるのもいいかもしれません。

また、赤ちゃんの誕生日の頃にお花が咲くような品種を選ぶのもいいですよ。
誕生日のお祝いとともに開花を楽しめます。

実のなる記念樹は楽しい

ちょっとお手入れが面倒かもしれませんが、実のなる木も楽しいですよ。
子どもが大きくなって、みんなで収穫して食べられたら最高ですね。

レモンや金柑、ブルーベリーなどが比較的育てやすいようです。
温暖な地域であれば枇杷もいいですね。
ジューンベリーやプルーンもさほど難しくなく育てられるようです。

賃貸住まいの場合は実家に植えても

賃貸住まいで記念樹を植える場所がない…。
そんな時は、実家の庭に植えてもらってもいいですね。
帰省するたび、成長具合を確認するのが楽しくなりますよ。
記念樹は孫の分身のようなものですから、おじいちゃんやおばあちゃんも喜んで世話をしてくれるのではないでしょうか。

それも無理であれば、鉢植えで育てられる品種を選ぶのもいいですよ。
ベランダや玄関先でも充分楽しめる品種を探しましょう。

ピジョンの赤ちゃん誕生記念育樹

木でも鉢植えでも、植物を育てる自信がない…。
そんな方におすすめなのが、ピジョンの赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーンです。

赤ちゃんが生まれてから応募すると、ピジョンが『ピジョン美和の森』に苗木を植樹してくれます。
もちろん無料です!
ヒノキ製の木製ハガキ『森の住人票』がもらえる上、いつでも自由に森に遊びに行くことができますよ。

自分では木を育てる手間がかからず、森に遊びに行って記念樹の成長を楽しめる、とっても素敵なキャンペーンですね。

こんな記事も読まれています



シェア