電車大好き♡乗ってみたい全国のキャラクター列車 4選+番外編

2,958 views

子どもはみんな電車が大好き♡

その中でも旅行先で乗ったキャラクター列車は記憶にも残ります。

新幹線もはやぶさ、こまち……。色々ありますが、それより全国の「キャラクター列車」に注目してみるのはいかがでしょうか。

目的地を選ぶより電車に乗りに行く旅で、「電車に乗りに行く」目的の旅行は有意義で、記念にもなるはず。

親も乗ってみたいと思う全国のキャラクター列車を集めてみました!



① ポケモンウィズユートレイン JR東日本

JR東日本を走る「POKEMON with YOU トレイン」は、全面にポケモンが描かれた列車。2両編成です。

大船渡線を走っていて、一ノ関から気仙沼を中心に土日、休日に走っています。

シートにポケモンが描かれていて、それぞれのシートの絵が違うのも楽しいです。列車には、遊べるプレイルームの車両もあり、子どもは真っ先に行って遊びそう。

「えあわせサイコロ」のような知育おもちゃ、子どもが好きなトンネル遊びができる「モグリューのトンネル」、ふわふわのぬいぐるみのような「ホエルコのみずべ」「おひるねカビゴン」があります。

列車内にはポケモンが100匹以上いるので、数をして遊んでみたりするのもいいですね。

② トーマス列車 大井川鉄道 

大井川鐡道では、きかんしゃトーマスに乗ることができます!
きかんしゃトーマス号、ジェームス号があり、抽選で乗ることができます。

蒸気機関車のトーマス、テレビで見ていても、実際に蒸気をあげて走る様子を見ると感動できそう。
70周年の今年はトーマスイヤーとして盛り上がっているので、乗ってみるにもいいタイミングです。

乗車料金(新金谷~千頭)は、大人2720円、子ども1360円。
駅弁のきかんしゃトーマス弁当(1000円)もあるので、あわせて注文して食べてみてもいいかもしれませんよ。

③ 鬼太郎列車 JR境線

米子から境港にかけてのJR境線は、「鬼太郎列車」と呼ばれています。
妖怪列車とも呼ばれ、鬼太郎でおなじみのキャラクターが列車に描かれています。

2000年には鬼太郎列車が、2005年に新・鬼太郎列車、2006年にはねずみ男列車、ねこ娘列車が登場。
例えば、行きと帰りで乗る列車が違うと嬉しくなってしまいそうです。

15の駅には鬼太郎のキャラクターにちなんだ名前の駅名があり、例えば米子駅だと「ねずみ男」駅、富士見町駅だと「ざしきわらし」駅、御崎口駅だと「砂かけばばあ」駅。

駅の売店にも鬼太郎のキャラクターがいたりして楽しむことができそうです。

④ アンパンマン列車 予讃線(よさんせん)

子どもが大好きなアンパンマンも電車があります。

四国を中心に走っていて、岡山から宇和島までの予讃線(よさんせん)のほか、岡山から高知に行く土讃線(どさんせん)、高松から徳島までの高徳線、徳島から阿波池田の徳島線のあるゆうゆうアンパンマンカー、そして瀬戸大橋を走る「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」があります。

四国旅行で、2路線、3路線をかけもちしていくと、色々なアンパンマン列車に乗ることができそうです。

瀬戸大橋アンパンマントロッコでは、電車内でアンパンマン弁当を買えたりも。お弁当箱は記念に持ち帰ったりすることもできるので、アンパンマン好きは買っておきたいところです。

番外: 超伝導リニア

番外としておすすめしたいのが、超電導リニア。山梨の「山梨実験センター」で走っていて、走行試験を実施しています。

抽選で体験乗車を行っているので、応募してみると、一足早く乗ることができるかも。
各日、第1便の集合時間は10時15分。第6便は16時15分となっていて、平日運航。

1区画(2座席)4320円、2区画(4座席)8640円です。

こんな記事も読まれています