0歳~1歳に読んであげたいオススメの絵本5選

2,469 views

小さい頃からの絵本の読み聞かせは、発育に影響を与えます。

ではまだ言葉を理解できない0歳から1歳の赤ちゃんにはどんな本が良いのでしょう。

そこで0歳から読める、赤ちゃんにオススメしたい絵本をご紹介します。



いないいないばぁ

50年近くも赤ちゃんとママに愛されてきた絵本です。
可愛らしい絵柄の動物たちによる、いないいないばぁの繰り返し。リズムのいい話の展開にママが読む優しい話し方、赤ちゃんも心は安定し安らぎを覚える絵本です。
次々に出てくる可愛らしいネコさん・クマさん・ねずみさん・キツネさん、そして最後は・・・。
味のある柔らかなタッチで描かれたイラストが長年愛されてきた理由かもしれません。
何度もリピートして読みたくなる絵本です。

ふわふわ だあれ?

優しいタッチで描かれた、可愛いひよこさんのオシリには、ふわふわの柔らかい布が貼りこんであります。赤ちゃんが触って楽しめる、しかけ絵本です。
ひよこさんの他にも、ネコさん・イヌさん・ヒツジさん・ウマさん。
それぞれに肌触りの違う布や素材が貼りこまれているので、まだお話がわからない赤ちゃんも喜んで読むことができます。
布の様々な触り心地を感じることで、赤ちゃんの五感に刺激を与え、楽しみながら発達の手助けをしてくれます。

しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんが、ホットケーキを作り、お友達と食べるまでを描いた絵本です。
ホットケーキを作る過程で、フライパンで生地が焼ける様子が順々に紹介されています。
その場面で多く使用されている「擬音」がまた可愛らしい!
ぽたあん・どろどろ・ぴちぴちぴち・ぷつぷつ・ぺたん・ふくふく・ぽい、など赤ちゃんの耳に気持ちよく入っていく音が多く書かれています。
少し言葉が出てきた頃には、まねをしたくなる音ばかりです。
シンプルで味のあるイラストが可愛らしく、こぐまちゃんシリーズとしても人気があります。

だるまさんが

だるまさんが・・・とくれば誰もが口にしたくなるお決まりの言葉があります。
しかしそんな簡単に続いていかないのがこの絵本の面白いところです。
だるまさんの様子を表現する音が、面白く赤ちゃんも笑顔になること間違いなしです。
リズム良く進む話の展開も赤ちゃんには心地よく感じられます。
可愛いだるまさんのしぐさにママも赤ちゃんも癒されます。

いないいないばああそび

ページをめくると、ネコさん・イヌさん・ヒヨコさん・怪獣までがいないいないばぁ!ちゃんとおててでお顔を隠し、読むタイミングで手を開いて、お顔が出てくるようになっています。
そして最後にはママも絵本の世界に入っていって・・・
赤ちゃんも喜んでページを何度もめくって、開いてを繰り返します。
覚えやすく、自分のタイミングで動物たちのいないいないばぁができるので、もう少し大きくなった時に、ママに読み聞かせしてくれることも。
何度でも繰り返し楽しめるしかけの絵本です。

こんな記事も読まれています