コストコの攻略法!主婦になったら活用したい♡

2,661 views

コストコは、主婦になったら行って活用してみたい場所。

まとめ買いで量が多いので、使い切れるかなとは思いますが、お買い物が楽しくて、料理をするにも力が入ります。

そして、子連れOKなので子育て世代にも使えます。

コストコで買える便利商品もあり、アミューズメントパークのようにしても楽しめるコストコ。

近くに店舗があるのなら、楽しんで使ってみてはどうでしょうか。



返品保証をしているコストコ

会員になるためには年間4200円がかかるコストコ。

1年間で4200円と考えると、ちょっと高いような気がします。年1回行くと入場するために4200円払うわけですし、年2回でも2100円。

ただ、この年会費は払う価値もあると言われています。
その理由は、「100%保証」。これにより、安心してお買い物ができます。

会員規約には、

”商品保証:会員の皆様がお求めになった商品にご満足いただけない場合、代金を全額返金いたします。”

とあります。

お買い物をして、満足しなかったら返金してもらえます。

家電なら掃除機の吸引力がよくなかった時、食品なら味があまりおいしくなかった時に返金してもらえます。商品に自信があるからできることなのだと思いますが、消費者にとっては嬉しいですね♡

入れる人数は?

コストコ会員1人につき、18歳以上の同伴者は2名まで一緒に入ることができます。そのため、主婦友、ママ友を連れて楽しむことができます。
人数は、会員1名+2名の3名まで一緒に入ることができます。

そして、高校生、18歳未満の子供なら何名でも入ることが!

極端な話ですが、10人の子供がいる大家族でも、大人の保護者1名がコストコ会員であれば11人が入れます。大人会員1人と同じ条件で入ることができるので、コストコに子供連れのお客さんが多いのも納得です。

コストコは巨大倉庫。試食もたくさんあるので巡るだけでも楽しい♡
クールシェアとして避暑をしに行くのもいいかもしれませんよ。

使えるクレジットカードは?

基本的に、現金主義ののコストコ。

クレジットカードを使いたいのなら、2種類、コストコ・オリコマスターカード、アメリカンエキスプレスが使えます。

アメリカンエキスプレスはセゾンパール・アメリカンエキスプレスなど何でもいいのですが、オリコマスターカードは、「コストコ・オリコマスターカード」のカードのみ。他のオリコカードは使えません。注意しましょう。

また、コストコ・オリコマスターカードは日本国内のコストコのみの利用になります。

気に入らなければ1年未満で解約できる

商品保証と同じく、100%保証で年会費保証が約束されています。

”年会費保証:会員の皆様がコストコホールセールのシステムやサービス内容にご満足いただけない場合、有効期限内であれば年会費を全額返金いたします。”

とコストコホームページにはあり、一度、年会費の4200円を支払った後でサービスに満足できないのなら、年の途中で返金してもらえます。

退会すると12ヶ月間は新規会員登録できません。ただ、年の途中で4200円を払うには高い気がすると思ったら、返金保証も利用ができます。

作るなら「家族カード」も♡

会員になる時に申込んでおきたいのが、家族カード。あまり知られていませんが、申し込むときに正会員と同じ住所に住む18歳以上の人が申込むことができるので、結婚したら夫婦で申込んでおきましょう。

こうすると、夫婦がお互い行きたい時に自由にコストコに行くことができるので、近くにコストコがあるのならとても便利♡
会員証本人が行かないと入ることができないので、家族カードを作っておくとありがたいと感じることができるはずです。

子供ができたら、パパ+子供、ママ+子供で行くことができるのも家族カードの魅力。

また、会員1名に同伴者2名が入れるので、家族カードを作ることにより、

・正会員1名+同伴者2名
・家族カード1名+同伴者2名

と6名が一緒に入ることができます。

http://www.costco.co.jp/p/membership/member-qa

こんな記事も読まれています