背中ケアの方法まとめ。夏こそ後ろ美人になりたい!

2,609 views

海にプールに浴衣に水着にキャミソール。

夏は露出の多い季節です。

顔や手足はケアしてるけど、背中を忘れてはいませんか?

背中は他人にしか見えないところ。

ついうっかりぶつぶつの背中をみんなに披露しちゃったなんて悲しすぎる。

男性も女性も要注意ですよ!

ニキビ

背中のニキビが気になる方も多いのではないでしょうか?
背中にも顔と同じようにTゾーンが存在するんだそうです。
それは肩甲骨の上の横線と肩甲骨と肩甲骨の間の縦線でTゾーンなんです。
ここにポツポツと角栓のつまりや、ザラザラがある方は要注意。
放っておけばガサガサ、ブツブツになってしまいますよ。
また衣服でこすれたり、睡眠時にこすれたりすれば痛みを伴う場合もあるので早めのケアがおすすめです。

原因

ホルモンバランスのみだれで、男性ホルモンが多くなると角栓が詰まりやすくなります。
寝不足やストレスなど思い当たることはありませんか?
肩甲骨周りは皮脂が多く分泌しているので、きちんと汚れを落としていないとマラセチア菌によって炎症が起こるそうです。
また首から背中にかけてから加齢臭が1番臭うところなんだとか。
男性も気をつけていないと臭ってるかも。
背中ニキビは男性ももちろん症状が出ている方がいるでしょう。
ぶつぶつするからといってむやみに引っかいたりせずにひどい場合は病院に。

洗い方

まずは背中の洗い方ですが、お風呂に入ったらまず体を先に洗うという方が多いのではないでしょうか?
お風呂マナーとしては正しいのですが、湯船に浸かってから洗う方が皮膚が柔らかくなっているので強くこすらなくても汚れが落ちやすいのです。
石鹸やボディーソープを使ってしっかりと洗いましょう。
洗浄力の強いものを使いすぎると肌に良くないともいいますが、背中の特にTゾーンに限っては少し強いものを使ってもいいのではという意見も。
ぶつぶつがある場合はかきむしるような洗い方ではなく、泡で優しくが鉄則。
ボディータオルで洗う場合はタオルは柔らかい生地を使うなど気を付けて。

髪の毛

髪を洗うときシャンプーやリンスをつかいますよね?
背中にもその泡やリンス剤がついています。
また髪の長い人は背中に髪の毛が当たっている時間も長く、その度に背中は刺激を受けています。
シャンプーやリンスをした後はしっかりと流す、場合によっては石鹸などで洗い流しましよう。
背中ニキビが気になる時は髪の毛が当たっていないかをチェックしてみて。

ケア

お風呂上がりにはできれば保湿を。
ついつい手足はクリームを塗っても背中は何もしてないってことになりますよね。
背中はスプレータイプの化粧水を使えばケアしやすいかとおもいます。
手にクリームを伸ばして頑張って背中に塗るのも。
毎日続ければ体も柔らかくなりますね。
また洋服などで刺激をうけるので、綿や絹などの素材にこだわるのも◯

こんな記事も読まれています



シェア