和装ブライダルをおすすめする理由5選♥

4,520 views

日本人として生まれたからこそ、「和装で!」という新郎新婦も増えています。挙式はウェディングドレスだけど、披露宴では和装という方も多いようです。四季折々の顔を見せてくれる庭園の中で大事なひとときを過ごしませんか?

神社での昔ながらの挙式

教会と異なりたまたま神社にきていた人たちにもお祝いしてもらえ
遭遇した人たちも含めてみんなで嬉しい気分になります。
このように教会であげるのとは違ういいことがあるため
私が絶対に神社で挙式するんだと思う人はそういった部分や
景色など全体的な部分を重視している傾向があります。

また日本人の私たちが海外の挙式に憧れるように
海外の花嫁さんもまた日本の結婚式に大きな憧れを抱いています。

次のポイントでも日本式の結婚式がいいという理由は詳しく説明します。

白無垢の意味

花嫁が着る白無垢はなぜあんなに真っ白なのか知っていますか?
実は白無垢があんなに真っ白なのは「これから旦那さんの家の色に染まります」という意味を持っているからです。
汚れない真っ白な心で「私はあなたの家に入ります」ということです。
嫁ぐという言葉があるとおり、お嫁さんは自分の家から旦那さんの家が本当の家になるということを心に決めるのです。
花嫁の中には当日にこの白無垢を着て実感したという人も多いです。

角隠し

この角隠しは江戸時代の女性たちが出かける際にホコリや魔除けとしてかぶっていた「揚げ帽子」の変わりだとも言われています。
旦那さん以外の男性に顔を見せないようにしているとのいわれもあります。
また「旦那さんに従います」といった意味も持つと言われています。
あなたを支えますという意味も含んでいるようです。
これ以外にも結婚すると女性は「鬼になる」と言われていたため、「角を隠し」そうなるのを防止するためでもあります。

日本人だからこそ着物で

日本人に生まれたからこそ着物を着て挙式を上げたいと決めている人も多いです。
とくに披露宴は色もきれいな色打掛にする人がここ数年激増しています。
ちなみに「色打掛」は婚礼衣装です。
花嫁の着る色打掛の基本としては”赤”であり、意味は一般的に未婚女性を表します。
また”明けるめでたさ”という意味もありそれが結婚するという意味合いも込められています。

季節を感じられる良さ

その季節ごとの景色を楽しみながら挙式ができるのもいいところです。
これはおそらく四季を大切にする日本人ならではの思いがあると言われています。

このため外での写真撮影や結納式を行う場合もあります。
それ以外でも夜景を眺めながらの二次会や結婚式は
昼間の雰囲気とは全く異なるため普通と違う結婚式をしたいという人に
とても大人気です。

夜にはアルコール類やワインを多く出せるため
あえて挙式と披露宴の時間に差をつけて昼間と夜という
異なる時間帯でイメージの違う結婚式をおこなう新郎新婦もいるほどです。

こんな記事も読まれています