タイプ別出産まとめ。お産って痛い!?あなたの出産パターンは?

6,612 views

初めて赤ちゃんを妊娠した人にとって、お産というのは不安がいっぱい。陣痛というのはどれだけ痛いのか、どれだけの時間続くものなのか、想像もつかないと思いますが、いくつかのパターンで紹介しようと思います。不安もあるけど、産まれたときの幸福感といったらないことでしょう。

すんなり安産タイプ

初産なのに、割とすんなり産まれる人もいます。初産だと1日から2日かかる人がけっこういる中、3,4時間くらいでぽこっと産んでしまう人もいて、これはうらやましい限りです。長い時間痛みに耐えるのは、辛いですから、安産タイプはやはり魅力的ですね。

微弱陣痛タイプ

初めてのお産は、産道もまだ狭いので、お産に時間がかかることが多いです。「あれ、これが陣痛?」と思って病院に行ってみるも、なかなか強い陣痛が来なくて、一度帰宅を促されることもあります。お産が近づくと、10分間隔で強い陣痛が来ますが、強い陣痛がなかなか来ない場合は、陣痛促進剤を打つこともあります。「これは痛い!」と思って病院に行ったのに、また収まったりすることもあり、おなかの赤ちゃんは気まぐれだなぁと感じるかもしれません。

破水タイプ

破水してしまった場合は、そこから菌が入ってしまうこともあるので、すぐ病院へ。入院ということになりますが、破水したからといってすぐに陣痛が来るというわけではないので、破水後は、陣痛が来るまで病院内を歩いてみたり、とりあえず陣痛が来るまで待つしかないことも多いです。経産婦で安産体質の人は、まれに破水とともに、赤ちゃんが出てしまう場合もあるので要注意。

帝王切開タイプ

双子だった場合や逆子だった場合、他にも、医師が帝王切開の方が安全だと判断した場合は帝王切開になります。帝王切開の場合は個室になることがほとんどでしょう。入院期間も、帝王切開でなかった人に比べて長くなります。少し回復に時間がかかるかもしれませんが、普通分娩の赤ちゃんと帝王切開の赤ちゃんで特に変わりはありませんのでご心配なく。

選択タイプ

陣痛が来たので病院へ!かなり痛くて陣痛の間隔も短くなっているのに、全然子宮口が開かない!ということもあります。もう産まれてほしいのに子宮口が開かなければ、当然赤ちゃんは出てこられません。痛みに耐え、下から出すか、なかなか出てきてくれないので、帝王切開するか、医師が妊婦さんに選択させてくれる場合もあります。おなかに傷痕ができることに抵抗があり、普通分娩をのぞんでおなかをギュウギュウ医師に押される人もいました。なんとか出てきてくれーと思いながら先生も押すわけです! 

ここでは5パターンで紹介しましたが、100人いれば100通りのお産があります。お産には本当に人それぞれのドラマがあります。 お母さんががんばっているときは、赤ちゃんもがんばっているとき!産まれたときの幸福感は何にも代えがたいものです。

こんな記事も読まれています



シェア