プチプラで花冠DIY!前撮り・二次会用に簡単にかわいく作ろう。

6,741 views

一生に一度の結婚式だから、いろいろなヘアアレンジしたい!式ではティアラ、お色直しで生花、わくわくしちゃいますね。花冠もかわいいけれど、お値段もけっこうするし、いつつけよう?そんな風にお悩みのプレ花嫁さんにおススメ!二次会や前撮りで気軽につけられるDIY花冠はいかがですか?

必要な材料と道具

・造花
100均や300円ショップのものでOK!より雰囲気にこだわりたい方は、クラフト材料店でお気に入りのアーティフィシャルフラワーを見つけてみて。ちなみに100均のお花で、写真だけの前撮りやカジュアルな二次会用としては十分素敵なものができます。

・地巻ワイヤー
細い針金の表面を覆って、目立たないように緑色に加工したもの。お花や造花をまとめるのに使われます。手芸やさんやクラフト材料店で100円~200円程度で購入できます(ちなみに、ひとパックに大量に入ってます…。)

・フローラテープ
こちらも手芸店やクラフト材料屋さんで手に入ります。伸縮性のあるマスキングテープをイメージしてください。ひと巻き(20メートルくらい)で150円程度。

・はさみ
・きり・目打ちなど、穴をあける道具
・ペンチ・ニッパーなど、ワイヤーを加工する工具
・リボンや毛糸など、頭に巻いてサイズ計測用

造花の下処理

造花はお花の部分だけを使います。茎は2センチ程度に切り落とすか、引っ張って抜けるタイプのものは抜いておきます。花の下部分にキリや目打ちで穴を開け、ワイヤーを通します。

通したワイヤーを半分くらいで折ります。折って二本になったワイヤーを、茎の部分もまき込んでねじって固定し、新しい茎を作ります。仕上げにフローラテープで巻いて補強し、尖った部分などが危なくないようにしましょう。

小花やグリーンなど細い枝の先に何輪もついているタイプは、使いやすい大きさの房に分け、枝にワイヤーをかけて、新しく茎を作っておきます。

お花の配置を決めます

実際に花冠を組む前に、デザインを確認しつつ、お花の配置を決めましょう。最初にモリモリにしすぎて、最後の方が足りないなんてことのないようにご注意!

あらかじめ毛糸やリボンなどで頭のサイズを測って、だいたいのデザインを決めておくと良いです。造花を買い過ぎたり、足りなくて寂しい感じになったりしないように。

組み上げましょう!

はじめのお花と二番目のお花をずらして持ち、フローラテープを巻いて固定します。そこに3番目のお花を足して、またフローラテープで固定。茎は束になって行きますが、そのまま一緒にテープで巻き込んで行きます。

このように、お花をひとつづつ足して、フローラテープで巻く作業を、最後のお花までくり返します。最後は残った茎の最後までフローラテープで巻きましょう。

輪にして固定したら、完成!

最初と最後のお花の間に不自然な隙間が空かないよう、バランスをみながら輪にします。お花の裏にワイヤーの束が来るようにして、短く切っておいた別のワイヤーで固定します。最後の茎だけの部分をワイヤーで数箇所固定し、動かないようにします。ワイヤーが外側から見えないように注意しましょう。

これで完成!100円ショップの素材で簡単に作ることができます。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

こんな記事も読まれています