ツワリで大変だったけど妊娠中に人の温かさを感じた出来事5つ!

3,352 views

妊娠中のツワリが、まず最初の母になるための試練でしょうか。スーパーの匂いが駄目で買い物にも行けず、お腹がでてくると妊婦さんだと一目で分かり周囲も気遣ってくれますが、お腹がでる前は人に敏感になり外出が億劫になったり、お化粧するのもダルく感じたり。妊婦さんマークって、実は妊娠初期はもらえないんですよね・・・敏感になりすぎてもダメですが、お腹の命は自分が守らなきゃと、つい過敏になっちゃいます。それが逆に自分を締め付けちゃったり。。。

しんどい経験もしましたが、ツワリが落ち着き外出ができるようになったころ、たくさんの方から声をかけられます。

お腹の命がつなげてくれてるんだなと思ったエピソード5!



飛行機は優先してくれる

飛行機の搭乗は高齢の方や車いすの方と同時に妊婦さんも先に機内に入れてもらえました。
そのときにキャビンアテンダントの方とお話しする機会があり、某空港会社のミニ扇風機を「妊婦さんは体温が上がって暑いでしょ、生まれた赤ちゃんとお使いください」と言って、プレゼントしてくださいました。
しかも、メッセージ付き、子供が大きくなり文字が分かるようになるまでメッセージカードも大事に保管しました。
こうゆうのを機に、子供が飛行機に興味を持ったりするのかな?と思ったりしています。

旅行先のホテルで

安定期に入ったころに新婚旅行に行きました。新婚旅行とゆうこともあったのかもしれませんが、大量にその土地のお土産をホテルからいただきました。
田舎の方だったので「赤ちゃんが生まれたら食べなよ~」てな感じで、普通の新婚旅行よりもたくさんの方に声をかけられて、「がんばってね、出産と子育て!」とゆう応援をいっぱいもらいました。
お腹がでてきてからしか見た目で判断できませんが、こうゆう経験から私も妊婦さんをみかけるとつい声をかけてしまいますね。

ツワリで食べられなくて

ツワリが始まった当初、何も食べられず横になっていたら、旦那さんが手料理を用意してくれました。
生姜とニンニクが入ったお粥。これは今だに忘れることができず、たまに作ってもらいます。
初めての旦那さんの温もりを感じたときでもあったのかも・・・
良いのか悪いのか、ツワリでしんどいときは無理をせず、甘えることを覚えました。
そして、この人だと子供を大事にしてくれると再確認。

お腹をいっぱい触ってもらうと?

本当かどうかは知りませんが、妊娠中にお腹をたくさんの人に撫でてもらうと、「そのお腹の子は幸せになる。」と聞いたことがあり、友達や家族以外にも「触っていい?」て聞かれると、「どうぞ」ってお腹を突き出していました。
これをきっかけに、話の会話がはずんだり、妊娠を望んでる方は「早く赤ちゃんほしいよー」と言いながら、自分のお腹も一緒に撫でていました。これのお蔭だとは言いませんが、何人か妊娠され同級生の子が誕生しました。
どこのパワースポットよりも、お腹の赤ちゃんって、すごいパワーの持ち主なんでしょうね。

検診の日にホッと安心

これはどの妊婦さんでも同じだと思いますが、検診の日に先生から「順調ですね。」と言われるその一言が、すこくホッとする瞬間でした。
ツワリでどれだけしんどくても、お腹の子も頑張って成長しくれていると思うと、勇気も湧き、力も湧きました。
ツワリがあるころは、まだ胎動など分かりませんから、検診の日に確認できることがすごく楽しみでした。

いま、ツワリでしんどい妊婦さん・・・今だけだから、と軽いことは言えませんが、一生続くことではないので、生まれてくる赤ちゃんを楽しみに、ポジティブに生活してください。そうするとツワリも少し楽になるかもしれません。
そして、たまに気分転換がてら、お腹の赤ちゃんに話しかけながら、ゆっくりお散歩などでかけてみてはいかがでしょう。

こんな記事も読まれています