紫外線アレルギーとは?予防法はあるの?

1,847 views

夏が近づいてくると紫外線が気になりますよね。日焼対策は万全でも紫外線アレルギーは発症することがあるそうです。日頃の生活から気を付けていれば予防できるそうなので、子供の為にもしっかり対策してあげたいですね。夏が来る前に!紫外線アレルギーについて知っておきましょう!



紫外線アレルギーって何?

簡単に言えば、紫外線を浴びることでアレルギーを起こしていしまう、という症状です。
太陽の光を浴びた後に、目の充血や肌のかゆみ、頭痛が起きる人はもしかしたら紫外線アレルギーかもしれません。
日光アレルギーや日光過敏症、日光性皮膚炎とも呼ばれています。気になる症状がある人は要チェックです。

どんな症状がでるの?

多くは、紫外線を浴びた部分の皮膚にでる症状です。赤くなる、じんましんが出る、腫れる、かぶれる、などですね。赤くなる程度だと、ただの日焼けとあまり大差がないので気づかないかもしれません。
合わせて、ほかの部分に症状が出ることもあります。目が充血したり、涙が出たり、異物感があったり。
また、頭痛や発熱、吐き気を伴うこともあります。

どんな人がなりやすいの?

他の多くのアレルギーと同じで、一概にこんな人は紫外線アレルギーになります、ということはないようです。ただ、なりやすい人、というのは大ざっぱにはくくれるようなので、当てはまる人は、症状などを気を付けてみて下さい。
紫外線アレルギーになりやすい人
紫外線を一気に大量に浴びたり、長時間外で作業をする人、そして、紫外線対策をしていない人。
また、多くのアレルギー症状と同じで、アトピー性皮膚炎や喘息など、元々アレルギー体質の人はなりやすいと言われています。

予防と対策を教えて!

一度発症すると治りにくいそうなので、そうなる前にしっかり予防しましょう。基本的なことは当たり前ですが、「紫外線を浴びない」ことです。紫外線を浴びることで症状がでるので、浴びなければ全く問題ありません。
ですが、絶対に紫外線を浴びないで生活をすることは難しいですよね。なので、外出の際は、夏でも出来る限り長袖を着る、手袋をする、日傘やサングラスを使用する、ということです。日焼け対策とほとんど変わりませんね。
また、家の陽の入りやすい窓をUVカットガラスにすると、紫外線を99%もカットしてくれるそうです。

日焼け止めクリームについて。

紫外線対策なので、もちろん日焼け止めクリームを使用しますよね。ですが、日焼け止めクリームには2種類のタイプがあるのを知っていますか?
一つは紫外線吸収剤を含んでいるものです。これは、紫外線を吸収して、熱エネルギーに変えて放出するもので、紫外線の防止効果はありますが、肌への負担も大きいと言われています。また、紫外線を吸収するので、肌の弱い人は、これが原因で紫外線アレルギーになることもあるそうです。
もうひとつは、紫外線散乱剤を含んでいるものです。酸化チタンの無機粉末などで、紫外線を散乱させたり反射させたりする作用があります。こちらは、肌の弱い人でも使用することが出来ます。
お肌のことなので、日頃から気を付けて、何か気になることがあったら、皮膚科のお医者さんに相談するなどして行きましょうね!

こんな記事も読まれています