遠方のゲストを招待するときにゲストに配慮すべき5つのこと☆

3,493 views

結婚式では、遠方のゲストを呼ぶことも多くあると思います。

移動距離が多い分、結婚式場に来るまでも大変ですよね。

でも【遠方ゲストにも楽しんでもらいたい!!】

実際に、ゲストが安心・喜んでくれた事を紹介します。

ぜひ遠方ゲストが、多い方は参考にしてみて下さい。



1. 交通の便がよい

遠方ゲストは、知らない土地に行くことに不安があります。

事前に、交通の便がよい式場選びをすれば、遠方ゲストも不安が少なく安心して
式場にくることが出来ます。

招待状を送る際に、式場の地図や交通手段を伝える事が出来れば、遠方ゲストの
不安が軽減すること間違いなしです!!

2. お車代は忘れずに

結婚式は、何かとお金のかかるものです。

ですが、お車代を払うか・払わないかで、新郎新婦がケチったと感じる
遠方ゲストは言わないだけで・・・沢山います。

全額は、厳しくても半額程度は渡せるといいですね!!

事前に、お車代の話しをしておくとゲストも安心です。

3. 宿泊先の手配

遠方で、その日に来るのは不安・時間的に帰れない場合は、ホテルの
手配をしましょう。

知らない土地にくるゲスト・・・ホテルがどこにあるかなんて、未知の世界。

『ここのホテル予約したから、ホテルの案内送るね。』っと画像や案内を
送れば、安心できますよね。

4. 式場にフィッティングルームがあるか確認

実際、遠方のゲストを呼んで多かったのが・・・
【移動距離が長いから、式場で着替えたいんだけど・・】という方が、
結構沢山いました。

式場にフィッティングルームが有るか無いかは、事前に伝えてあげましょう。
無い場合は、式場の方にどこで着替えたらいいか事前に教えてもらい、
ゲストに伝えてあげましょう。

5. おいしい料理

移動で疲れていたり、気疲れしているゲストが喜ぶのが、やはり
【おいしい料理!!】です。

せっかく来たのに、ケッチった料理だとがっかりです。

やはり新郎新婦の幸せな姿をみて、おいしい料理を食べれたら
遠方ゲストだけでなく、みんなが嬉しいですよね。

結局、遠方のゲストはお金がかかります。ですが、お金をかけた分だけ
遠方ゲストの負担が減るし、こんなに新郎新婦からして貰えたと喜ばれますよ。

こんな記事も読まれています