3兄弟ママが選ぶ!赤ちゃん連れディズニーランドで持っていって良かった便利グッズ!春夏編

4,441 views

我が子が生まれると、誰もが一度は訪れたくなる、夢と魔法の王国「東京ディズニーリゾート」。しかし、赤ちゃん連れとなると何かと持ち物がたくさんになってしまいますよね?しかも、東京ディズニーリゾートのように屋外の施設も多く、忘れ物があってもすぐに買えない場合は、あれもこれもと何が必要か迷ってしまいがちです。そこで、先日9ヶ月の三男がディズニーランドデビューした際、便利だった持ち物5選を紹介したいと思います。



日差しから頭を守る帽子&帽子クリップ

春から夏にかけては、特に熱中症対策が必須。東京ディズニーリゾートのパーク内では、日光を遮る高い建物や、屋根がない場所が多いです。日差しから赤ちゃんの頭を守るために帽子は必需品!また、帽子をかぶるのが苦手で振り払ってしまったり、移動中やアトラクションの乗り降りの際に落としてしまうことがないように、クリップで帽子と服などを繋げておくととても便利です。帽子用クリップは、ネットショップなどで可愛いデザインの物もたくさんありますし、100円均一でも買うことができます。

ベビーカーの荷物フック

パーク内で専用ベビーカーをレンタルされる方も多いと思います。このベビーカーには、多少の荷物を入れることができる荷物入れも付いていますが、実際に園内で持ち歩く荷物やお土産を入れるには全然足りません。そこで、多くの方が普段利用している、自宅のベビーカーに荷物を引っ掛けるフックがとても便利です。普段使いの物を取り外して持っていってもいいし、100均一などで売っているS字フックでも十分使えると思います。

ベビーカー用のレインカバー

屋外施設の多いパーク内で、もし雨が降ってきてしまったら大変。大切な赤ちゃんが濡れないように、ベビーカーのレインカバーも用意しておきたいところ。パーク内でベビーカーはレンタルしていますが、レインカバーは販売のみでレンタルはないのです。ちなみにお値段は無地の物が2100円、ミッキーの柄付きで2500円だそうです。マイベビーカーを持ち込む場合はもちろん、ベビーカーをレンタルする場合でも、風除けなどにもなるので自前のレインカバーがあれば持参したほうが便利かもしれません。

使い方自由自在の万能ガーゼおくるみ

赤ちゃんがいるお家に、必ず1枚はあるであろうガーゼ素材のおくるみ。薄くて軽いので、外出する時に1枚かばんに入れておくととても便利です。今回のディズニーリゾートでも大活躍でした。日中は、ベビーカー全体をおくるみで覆って、お昼寝中の赤ちゃんを暑い日差しから守ってくれ、日没後は海の近く特有の強い冷たい風が吹いて寒かったので、赤ちゃんを包むようにして防寒対策を施しました。そのほかにも、首から巻いて授乳ケープとしても使えます。

赤ちゃん用の水分やお菓子・離乳食セット

大人の食事やトイレなどの設備は、パーク内に充実していて困ることはほとんどありません。しかし、赤ちゃん用の食事やオムツは突然必要になっても、すぐに準備することはなかなか難しいです。ありがたいことに、東京ディズニーランドのパーク内には、2箇所のベビーセンターが設置されていて、そこへ行けばオムツ換えや授乳・調乳スペースが完備され、オムツや離乳食など豊富なベビーグッズが販売されています。ただ、広いパーク内に2箇所なので、赤ちゃんがグズッてしまいおやつを買おうと思ってもすぐに買いに行けなかったり、暑くて水分補給をこまめに行おうと思った時、大人の飲み物はすぐに買い足せても、一番重要な赤ちゃん用の物はベビーセンターでしか買えません。もし、ゆっくり赤ちゃんのペースに合わせてパークを回れる場合は、ベビーセンターを中心に活動することが安心だと思います。しかし、我が家のように上の子たちが一緒の場合、お兄ちゃんたちに付き合わせて赤ちゃんを振り回してしまいがちなので、ベビーセンターをあまり頼りにし過ぎずに、赤ちゃん用の食事・おやつ・水分は完璧に準備しておきたいです。また、離乳食を温めるのにベビーセンターの電子レンジを利用する場合、耐熱のお皿やタッパを準備しておきましょう。

こんな記事も読まれています