手作りクレイアートウエディングのススメ。きっと作りたくなる♪

5,435 views
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さん、「クレイアート」ってご存知ですか?

クレイアートとは樹脂粘土を使って作るクラフトのことですが、これをウエディングアイテムで使わない手はない!というくらい大活躍するんですよ。

結婚式で自分だけの手作りアイテムをご検討中のあなたに、きっと作りたくなっちゃうクレイアートアイテムをご紹介します!



アイデア無限大のリングピロー

挙式の間、新郎新婦の指輪を飾っておくリングピロー。ふたりの大切な指輪だから、リングピローに載せておきたいもの。
 こんなウエディングケーキの上に飾ったら、ゲストからの注目度アップです!
 ケーキの他にも、花やリボンのモチーフがリングピローにはおすすめです。
 クレイアートならすべて自分の好きな形で作れるので、ふたりのオリジナルデザインをじっくり考えたくなりますよね。

立体的に作っちゃおう!ウエルカムボード

手作りしたいアイテムの定番であるウエルカムボード。せっかく作るなら、やっぱりオリジナルのものを準備したいですよね。
 そんなときにもクレイアートは活躍します。
 シンプルな名前&日付のボードでも、クレイアートで作ったモチーフを少し添えれば、立体的に仕上がって印象が全く違います。
 思わずゲストが笑顔になるようなボードでお迎えしちゃいましょう!

絶対持って帰りたくなる◇席札

披露宴会場に置かれることになる席札は、ゲスト一人ひとりに必要になるもの。
 シンプルなペーパー席札もいいけれど、名前の確認が済めば印象に残らない…なんてこともあるものです。
 でも、テーブルの装花の色や花のイメージに合わせて席札を作れば、思わず写真を撮りたくなるようなテーブルコーディネートの完成です!
 こんな席札が用意してあったら、思わず持ち帰って家に飾りたくなりますよね。
 お子様ゲストへのプレゼントとしてもとっても喜ばれそうです!

いつまでも飾っておけるブーケ

花嫁さんが持つブーケは、生花で作るのはとっても素敵だけれど、すぐに枯れてしまうもの。ドライフラワーに加工することもできますが、意外とお金がかかるんですよね。
 そんなブーケや髪に飾るお花にも、クレイアートが使えちゃいます。
 花そのものをクレイアートで作れば、季節に関係なく自分の好きな花を使うことができますし、色を混ぜて自分好みの花を作ることも可能。
 いつまでも変わらずに残しておけるのが何よりの魅力です。
 ブーケに合わせてブートニア(花婿さんの胸元に飾る花飾りのこと)も作れば、ドレスを引き立たせる素敵なブーケの完成です!

100円ショップでも買える手軽さも魅力

こんなにたくさんのアイテムに使えるなら、クレイアートに挑戦してみたい!けれど、どこで手に入るの?と思ったあなたへ。
 実は、材料となる樹脂粘土は100円ショップでも買えちゃうんです。
 色の種類も多くて安いし、少量から購入できるので、気軽に挑戦できそうですよね。

 クレイアートで使用する樹脂粘土は、作成してから乾かす時間が必要です。ぜひ時間に余裕を持って始めてみてくださいね。

こんな記事も読まれています