妊娠成功率を高める11の習慣

2,014 views

赤ちゃんに出来るだけ健やかなスタートを切らせてあげたいですよね。

そこでおすすめするのは、妊娠前に計画を立てることです。

妊娠を望んでいる女性たちは、妊娠すると心と体に起こる圧倒的な変化についてあまり深く考えていません。

あなたの体は、赤ちゃんを産む準備が出来ていますか?



まずはじめに

女性の体は妊娠すると、すべての器官系が変わり、すべてのホルモンが変わります。
あなたの体は常に、これまで以上に一生懸命に働きます。
例えば心臓を見てみましょう。
妊娠すると血液量が50%増加するので、心臓はその分がんばって、あなたとあなたの中で成長する赤ちゃんを養わなければなりません。
あなたは、このとてつもない任務にふさわしいでしょうか?
妊娠してからなんとかしようとしても遅いのです。妊娠すると、溜まっていたエネルギーは成長中の赤ちゃんに使い果たされてしまうので、ライフスタイルや習慣を大きく変えるのが何よりも難しくなります。
今こそ、もっと健康的な選択をするときなのです。

習慣①~③

①~あなたの体は、赤ちゃんを産むのに向いているか考えてみよう~
妊娠するのに一番良い時期、最高のライフスタイル、万全な体調を待つ必要はありません。ライフスタイルが理想的とは言えない女性や、重い慢性疾患のある女性も大勢、健やかな赤ちゃんを産んできたのです。ただ、今からより良い自己管理をしておけば、赤ちゃんはスムーズに育ち、出産もうまくいく可能性が高まります。

②~健康管理を趣味にする~
妊娠すると、ソファから立ち上がって、スーパーの青果コーナーへ行き、外食を控えて家で食事をし、健康番組で紹介されたことをやる気になるものです。
本でも、テレビでも、母親でも、友人でも良いので、アドバイスされた内容を、家や職場の目のつくところにあちこちに貼っておきましょう。

③~妊娠前検診を予約する~
かかりつけの医療機関、または新たに産婦人科医を決めて、詳しい検査を受けましょう。一般的な健康診断に加え、次のようなことが行われます。
・あなたの病歴や、遺伝学的に家系を見直します
・流産したり、妊娠を試みたりした経験があれば再検証します
・慢性疾患の管理の仕方をアドバイスします
・予防接種歴を確認します

習慣④~⑥

④~栄養素を事前摂取する~
今こそ、あなたと赤ちゃんに必要なものをたくさん食べ、不要なものは減らすときです。サプリメントで摂取する他に、体に良い9つの栄養素を含む食品をもっと食べましょう。
・オメガ3脂肪酸
・葉酸
・鉄分
・カルシウム
・ビタミンB12、D、C
・亜鉛
・ヨウ素
なぜ事前摂取かと言うと、妊娠前こそ食生活の変化にちゃんと耐えられるときだからです。妊娠初期は、つわりや偏食が起こりがちなので、体が対応できないかもしれません。なので、必要な栄養素を今、蓄えておくのです。

⑤~スーパーフードをたくさん食べる~
端的に言えば、「本物の食べ物を食べる」ことになります。良質で栄養価の高いもの、つまり少量でも栄養が詰まっているものにこだわって食べるのです。もちろん、食べることから楽しみをなくして数字とにらめっこする必要はありません。
妊娠前は、食べたいものを食べるだけでなく、あなたと赤ちゃんに必要な食べ物を体に慣らし始めるのに良い時期です。

⑥~ちょこちょこ食べに慣れる~
これは年齢を問わず、すべての人にとって最も健康的とされている食べ方ですが、特に妊娠中のおなかには優しいのです。

習慣⑦~⑨

⑦~引き締まった体になる~
ここで言う「引き締まった体」とは、ほどよい脂肪、つまりはあなたと赤ちゃんが健やかに過ごすために必要な脂肪がついているかという意味であり、「痩せこけている」という意味ではありません。実際に、ある程度の脂肪がないと排卵を促すホルモンが分泌されないのです。
逆に、脂肪がつきすぎていると妊娠中に合併症を起こしやすくなりますし、そもそも妊娠しにくくなってしまいます。なので、体重管理はしっかりしなければなりません。

⑧~汚染物質を避ける~
あなたが吸う空気、食べるもの、化粧品は、混じり気がなく汚染されえいないものの方が、あなたが妊娠して健やかな赤ちゃんを産む確率が高くなります。今から環境に配慮を始め、汚染されていない環境で赤ちゃんを育てる準備をしましょう。

⑨~心配せずに妊娠する~
もし、ストレスが多かったり情緒不安定になったりしているのなら、今の内に助けを求めて心を落ち着かせておきましょう。良くも悪くも、母親の気持ちに誘発されるホルモンの作用を胎児も共有するという調査結果があります。
精神安定剤を服用している人は特に、自然なストレス解消法を学ぶことが大切です。そのような薬の多くは、妊娠中に服用するのは安全ではないからです。

習慣⑩~⑪&まとめ

⑩~動く~
普段からあまり体を動かさない人が妊娠を考えているなら、今から動くようにしましょう。妊娠が進んで体のバランスが悪くなってからより、今の方が明らかに動き易いです。動くことで、体内で自然に生成される体内薬をつくり易くなるのです。自分に合ったエクササイズ計画に沿って運動しましょう。

⑪~幸せな両親~
赤ちゃんには幸せな両親が必要だということを考えておきましょう。赤ちゃんをつくり、育むことで両親の絆は強まりますが、彼が責任を分かち合うのに早いに越したことはありません。妊娠前に、パートナーも一緒にライフスタイルを変えると良いでしょう。特に、喫煙や過剰な飲酒などの習慣がある場合は改善しましょう。

11の習慣についてざっくりと書きましたが、別記事にてそれぞれを詳しく解説しますので、そちらも併せてご覧ください。
妊娠の可能性を高める方法を実行すれば、きっと女性の一番の特権のひとつである「人間を育てること」があなたへのご褒美になることでしょう。

こんな記事も読まれています