買ってよかったマタニティー服の選び方先輩ママたちが教える5つのポイント

2,712 views

マタニティー服といっても一時期しか着ないものという認識でいませんか?実は、上手に選ぶことで妊娠初期から授乳中まで長く着ることができるんです。先輩ママたちから長く着れて快適なマタニティー服の選び方をお教えします。

持っているズボンを活用してお得に過ごすには

妊娠中といってもなにかとお金がかかるもの。マタニティー服を全部新調していたらいくらお金があっても足りません。そこで、今まで持っていた服を使う方法をお教えします。妊娠後期になるとおなかがせり出すので今までのズボンがはけなくなります。そこで活用したいのが妊婦用のアジャスター。これは、腹巻とベルトが合体したようなものでズボンのチャックを上げない状態で履くことができます。お肉のついてほしくない太ももの管理にもなるので、太りすぎ予防にも効果的です。

チュニックをうまく活用して体型かくし

妊娠前から妊娠後までずっと活用できるのがチュニック丈の服です。特におすすめなのが胸元までボタンが開くタイプのもの。授乳のときに便利です。チュニック丈のシャツでも大丈夫です。普通のシャツですと、妊娠後期にお腹が出てきたときに丈が短くなってしまうため着ることができませんが、その点チュニック丈のものなら安心です。特に。胸元でギャザーが入っているものは、おなかにゆとりがあるのでずっと着られますよ。出産後もすぐには体型が戻りませんがこれならばっちり着ることができます。

買うならいつでも便利なショールを

ショールでボタンがついていてポンチョのようにもなるものはとっても便利です。妊娠後期にも体形を気にせず寒い時にすぐ羽織ることができますし、授乳ケープとしても使うことができます。出産後に、赤ちゃんが寒そうなときにくるんであげることもできますし、敷くものがない時にはタオル代わりに敷いて寝かせてあげることもできる優れもの。これは、購入するとずっと活用できるので本当に便利です。冬場でしたら薄めのウール素材のもの、夏場でしたら集めのコットン素材のものが使いやすいです。

マタニティーレギンスはお勧め

マタニティーのレギンスは、ゴムが入っていて伸びるので妊娠初期から産後まで長く使えます。しかも、ほかのマタニティー服に比べて安いのも特徴。2~3個用意しておくととても重宝します。妊婦には冷えが大敵ですので、重ね着もすることができますし夏場のクーラーの冷えからも守ってくれます。つわりの時期にも、おなかが押さえつけられないので楽々。チュニックやワンピースと合わせると重ね着でかわいらしく見えます。

購入して正解だった服は

重ね着に見えるタイプのマタニティー服兼授乳服は便利でした。パッと見て授乳服とはわからないのですが、簡単に授乳できますし人目も気になりにくかったです。レースなどが入ったきちんとした印象のものならオフィスでも使えますし、ちょっとしたお出かけもこれで問題なし。ズボンは、アジャスターとレギンスでほぼ大丈夫ですので、ワンピースやチュニックタイプを買えば妊娠から授乳期の普段とちょっとしたお出かけは問題がありません。そして、不思議と普段レースややわらかい色が似合わないと思っている方も妊婦の間は似合うもの。妊娠中にしかできないおしゃれも上手に楽しみたいですね。

こんな記事も読まれています