いつまでも記憶に残る思い出づくりって?

2,316 views

家族で旅行に行ったり、親子で何かに取り組んだり、子供のためにいろんなことをしてあげたいって思いますよね

ですが、親が思うほど子供は覚えていません

大きくなった時に「楽しかったぁ~」って言ってくれるような思い出ってどうやって作ればいいと思いますか?

これは私の体験談なのですが、参考になればと思います



毎年行けば忘れない!

一番忘れないのは同じ時期に毎年行くことです!
「前に来たときはこんなことがあったなぁ」なんて話してくれます
そういう場所は家から近いんだけど、年に1回ぐらいしか行かないようなところがいいですよ
ぶらぶら歩いている間にも話をしながらなので、毎年思い出しながら行ってます

小さい時にしかできないことをする

うちではベランダにビニールプールを出して遊んでいました
赤ちゃんのときはパパとお風呂のように入り、幼稚園ぐらいのときは水鉄砲を持って窓をビチャビチャにされていました
ある程度大きくなってくると、入れなくなるので、余計に忘れられないみたいです

苦手なものほど忘れられない

苦手なものほど記憶に残るみたいで、2回しか行ってない釣りの事を話してくれます
動物や虫が苦手な子なので、生きている魚を初めてさわった時は大騒ぎで、いろんな人に迷惑をかけました
魚の種類などはわからないものの、エサが動いてたとか臭かったとかは記憶にあるようです
大きくなっても苦手は変わっていないので、いまだに当時のことは鮮明に思い出されるようです

親子で力を合わせて作ったもの

難しいけど完成させたものは、忘れないし、作品も残っている
「この部分がやりにくかった」とか言いながら、初作品は捨てられないみたいです
女の子なら、わざわざケースまで買って保管してます
苦労もさせないといけませんね

なぜだかケーキは忘れない

誕生日のケーキを作っていますが、喜んでもらおうと微妙にデコレーションを変えてみたりしますが、昨年の物がよかったと言ったり、パパに作ってたのが食べたいとか、これも毎年続けていることなので、忘れにくいのかもしれません

思い出を話しながら、自分が親になったら同じことをするって言われた時は、いいことができたと自分を褒めたいですね

こんな記事も読まれています



シェア