温度調節が難しい季節事の赤ちゃんの洋服についてのまとめ

2,749 views

産まれて間もない赤ちゃんは自分で体温調節はまだできません。母親がその時期によって服装を変えてあげる事により赤ちゃんの体温を保つ事ができます。間違った服装にすると赤ちゃんは暑すぎて汗をかいたり、風邪を引いたりしてしまう可能性があります。まだ小さい赤ちゃんが風邪を引いたら大変です。季節事の服装についてまとめてみました。是非参考にしてみて!



春服

基本的に赤ちゃんは手と足で温度調節をしています。室内と室外では服装に変化を付ける事が大切です。春はまだ寒い日などもあり気温が一定になりません。家の中では肌着とカバーオールのものを着せてあげましょう。家の中では基本的に裸足で良いのでカバーオールは足が出るものを選んであげるといいでしょう。室外はまだ寒い時期があります。その際は靴下をプラスしたり、カバーオールも足が隠れるものに変えたり、ブランケットをかけてあげたり調節しましょう。

夏服

夏は気温が高いため、体温が高い赤ちゃんは汗を多くかくかもしれません。汗をかいた際は肌着を新しいものに変えてあげましょう。またエアコンや扇風機を直接当てないように心がける事も必要です。夏服は肌着とカバーオールの半袖を着せましょう。春服より丈が短いものや素材も薄いものを選んであげましょう。室内が冷えすぎて赤ちゃんの足が冷たくなった場合はレッグウォーマーを着せたり、マッサージしたりしてあげるといいでしょう。室外に出る際、まだ肌が弱い赤ちゃんに日光を直接当てるのも良くないのでガーゼ素材のものや綿素材のブランケットをかけて紫外線から守るのも必要です。

秋服

秋は日中は暑く、朝や夜は気温が下がり、1日を通して気温の温度差が激しくなります。日中は夏服と同じような服装で大丈夫ですが、急に気温が下がった場合を想定して変わりのレギンスやレッグウォーマー、カーディガンなどをプラスで持っている必要があります。着せるのが楽で重ね着ができるようなものを選ぶと便利でしょう。

冬服

冬は風邪を引きやすい時期でもあります。まだ免疫が弱い赤ちゃんは風邪になったら大変です。なるべく暖かくしてあげましょう。肌着は半袖タイプや長袖タイプを選んであげましょう。その上にやや厚手の生地やフリース素材の生地のカバーオールを着せるといいでしょう。その際室内では裸足で大丈夫です。外出する時は靴下を履かせてあげましょう。室内では寒かったらベストくらいがちょうど良いです。外出する際はアウターが必要になります。また、帽子も必需品です。室内と室外で服装を変える必要があるので、準備や荷物が大変です。また、部屋が乾燥するので加湿器を使うのもオススメです。

就寝時

就寝時の衣服も日中と変えないといけません。就寝時は布団もかけるため、日中よりやや薄手のものを着せた方がいいでしょう。月齢が進むと寝相が悪くなってきます。布団をかけても出てしまう事もしばしば。その時に役に立つのはスリーパーやベスト。1枚着せておく事で布団から出ても体が冷えずにすみます。冬には持っていると便利なアイテムです。

こんな記事も読まれています



シェア