結婚式にどう織り込む?サムシングブルーのおしゃれな取り入れ方5選

5,414 views

結婚式にまつわる「サムシング・フォー」のおまじないはご存知ですか?

サムシングニュー(何か新しいもの)・サムシングオールド(何か古いもの)・サムシングボロウ(何か借りたもの)・サムシングブルー(何か青いもの)の4つのアイテムを式当日に花嫁が身に着けると幸せになれるというものです。

今回は聖母マリアのシンボルカラーであり「純潔」をあらわすサムシングブルーの素敵な取り入れ方をご紹介します。



ひっそりと花嫁を支える「インソール」

まず初めに、サムシング・ブルーは人目につかない部分に身に着けると良いとされています。
ですので、本当に誰にも見られることのないウェディングシューズのインソールにこっそり取り入れてみるのはいかがでしょう。
インソールならば式全体のイメージがブルーとかけ離れていても問題なく身に着けられますね。
用意したウェディングシューズにブルーのインソールを後付することもできるのでおススメです。
結婚式の日、花嫁を支え続けるインソールに幸せのおまじないを託してみましょう。

たまに見えるくらいがおしゃれな「カラーパニエ」

ウェディングドレスに欠かせないパニエにひっそりとブルーを忍ばせてみるのはいかがでしょう?
たまにふわりと覗く淡いブルーが清楚な印象でとても素敵なんです。
カラードレスにもそのまま合わせることもできるので便利ですね。
基本的にパニエは下着の扱いなので人目には付きませんが、カラーパニエはつい積極的にチラ見せしたくなりますよ。

人目につかない花嫁の必須アイテム「ハンカチ」

花嫁の必須アイテムの一つがハンカチです。
真っ白なハンカチがセオリーですがブルー系のハンカチを選べばサムシングブルーのお守りになります。
基本的に人目に付くことのないアイテムで式全体のイメージには大きく関わらないので取り入れやすいですね。
白いハンカチでもレースやイニシャル刺繍などのパーツにさりげなくブルーを取り込むのもおススメです。

カラードレスと合わせてもOK「ウェディングネイル」

ウェディングネイルにさりげなくブルーを取り込むのはいかがでしょうか?
カラードレスがブルー系(グリーン系)ならばそちらにも合わせることができるのでうれしいですよね。
淡いブルーは白と同様に清潔感があり指先を美しく魅せてくれる色でもあるのでおススメです。
フレンチネイルやビジューネイルなどのアレンジの一部に取り入れてみましょう。

「指輪」の内側に忍ばせる幸せのおまじない

結婚式といえば欠かせないのが結婚指輪ですよね。
指輪の内側にこっそりと聖母マリアのシンボルカラーを忍ばせてみませんか?
誕生石や好みの石を結婚指輪の内側にあしらうカップルは多いですが、幸せのおまじないを取り入れるのもおしゃれですよね。
人目につかず、でも肌身離さず身に着けておくアイテム…サムシングブルーにうってつけです。
誓いと共に二人の末永い幸せも願ってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
参考になりましたでしょうか。
サムシングブルーの定番は「白いガーターに青いリボンを巻く」というスタイルですが、今回はそれ以外のアイディアをご紹介してみました。
「幸せのおまじない」せっかくなのでおしゃれに素敵に取り入れてみてくださいね。

こんな記事も読まれています