家族でサイクリング楽しもう!子供の自転車の選び方

2,706 views

子供が成長すると外で遊ぶ機会が増えてきますね。そろそろ自転車の練習を始めようかな?と考えるママも多いはず。また、子供は成長が早いので、乗っていた自転車がすぐ小さくなってしまいます。どんな自転車を選べばいいのか悩みますよね。そんなママのために自転車の選び方を紹介します。



自転車は何歳くらいから?

小さいものだと12インチ、身長80cmくらいの子供が乗れるものからあり、だいたい2~3歳の子供から乗ることができます。インチとは車輪径のことです。同じインチでも足の着き方が違ったり、ハンドルの形状で乗りやすさが違ったりするので、あくまでも参考にしてください。

自転車を選ぶポイントは?

初めて自転車に乗る幼児の場合は、サドルにまたがり両足のかかとが地面につくかどうかを確認しましょう。かかとが地面につくとバランスを崩さずに止まれます。
自転車に慣れている子供の場合、身長や年齢がサイズに合っていても、つま先が浮くととても危ないです。しっかり左右のつま先がついてバランスが取れるものを選びましょう。
親としてはついつい長く使ってほしいと思ってしまい、大き目を選びがちですが、最初はなかなかバランスをとりづらいので、子供自身が安心して乗れるものを選びましょう。

調節をしやすいものを選びましょう

ハンドルやサドルの高さが調整しやすい自転車かどうか確認しておきましょう。子供はあっというまに成長してゆきますので、たまに適正な高さかどうか確認してあげましょう。
また、最初は補助輪を付けて自転車に乗ることが多いと思いますが、すぐに補助輪を外して乗りたがります。補助輪とペダルを外すと練習しやすくなります。補助輪やペダルは外しやすくなっているかもチェックしてみてください。

安全対策がされているか?

自転車協会が制定したBAAマーク「自転車協会認証」というものがあります。BAAマークとは、安全かつ環境にやさしい自転車だという目印ですのでこのマークがついている自転車が良いでしょう。それ以外にも安心ブレーキ対応の自転車があります。14~18インチの自転車でブレーキのレバー幅の調整ができるハンドルブレーキを採用しているものです。小さな子供が乗るサイズですが、小さな手でもブレーキをしっかり握れるよう調整できるようになっています。ぜひ対応しているか確認してあげてください。子供には安全な自転車に乗せてあげたいですね。

買換えのタイミングは?

買換えの目安は「自転車が古くなり、安全性に心配がある」「背が大きくなり、ハンドルに膝が当たるようになった」「子供が乗りづらいと感じた時」などです。
サイズを大きくするときはハンドルを握った時に腕が軽く曲がる程度のものを選びましょう。小学生くらいになると自分の好みも出てきます。男の子ならマウンテンバイクに憧れたり。でも今まで使っていたものと形状が変わると乗りづらくなるかもしれません。できるだけお店で試乗させてもらいましょう。子供は自分の気に入ったものを買いたいのでついつい無理してしまうこともあります。お店の人に確認して、親がしっかり選んであげましょう。

こんな記事も読まれています