夫婦で目指せマイホーム~注文住宅で失敗しない家造り~

2,108 views

夢のマイホーム憧れますよね。自分たちだけの理想の空間造りを目指して少しお勉強してみませんか?

そこで今回は失敗しないための基本知識や役立つ情報をまとめてみました。

家は一生ものなのでお二人らしい素敵なマイホーム目指して頑張ってくださいね。



注文住宅のメリットデメリット

注文住宅は全て自分たちで決めることが出来ます。窓のサイズや床の材質など決める箇所はたくさんあります。しかしハウスメーカーに勧められると従わなきゃいけないのでは?と思う方が多いようです。そこで覚えてほしいのがハウスメーカーが進める窓やキッチンなどは大量発注で安く見積もれるという事。カタログなどで自分で選んだものを取り付けてもらうのはハウスメーカーによっては出来ないところもあるのでハウスメーカーを決める時は必ず聞くようにしましょう。

外観にこだわってみよう

家造りで一番大変なのが外観です。何よりも時間をかけて決めてほしい場所です。夫婦で外壁の色やデザインでもめる事が無いように、いろいろな家を見に行きましょう。そして実際に建っている家を見てお互いが「良いな」と思う外壁や外観を決めておくと担当者と話を進める中でスムーズに進みます。実際に建った時に理想通りの家になるように頑張ってください。

窓にこだわってみよう

窓と言ってもいろんなタイプの窓があります。大量生産の窓でも良いのですが、リビングや玄関などにはこだわった窓を選んでみてください。オススメは今流行のアクセント窓。丸い窓や横長の窓などです。光だけ取り込みたい所には開かない窓もオススメです。開かない窓は光だけ取り込むのでコストが抑えれますよ。他にもフレームの色が選べれるのでフレームで楽しんでみるのも良いですね。

床にこだわってみよう

まずイメージで思い浮かぶのがフローリングですよね?しかし床材は他にも多数あります。木のぬくもりが好きな方は無垢などがオススメです。ただし木はメンテナンスが大変なので慎重に選んでください。シックな雰囲気が好きな方はタイルがオススメです。タイルは傷が目立ちにくいので小さなお子さんやペットがいる方にオススメです。ハウスメーカーには各メーカーカタログがあるので見せてもらいましょう。

収納にこだわってみよう

収納は思っているよりも大き目に造ると済んだ時に後悔しません。階段下収納はとても役立つので必ず有効利用しましょう。とくにリビングは収納スペースを大きく取りストックの食材や家電などが収納できるスペースがあると使いやすいLDKになります。パントリーでも良いですし大き目のウォークインを造るなど生活のスタイルに合わせた収納を造るのが住みやすい家には必須です。

こんな記事も読まれています