【結婚したら始めよう!】お得な節税制度!ふるさと納税って何?

3,624 views

自治体への寄付金でもある「ふるさと納税」。

テレビでも特集が組まれていて、今、一番注目されている制度です。

2000円の自己負担額で地方特産品を手に入れることができて、もらえるものは高級和牛やハム、ソーセージをはじめとして、お米、地域で取れた海産物やフルーツなどもあります。

結婚したら貯金もはじめたいもの。

決められたお金の中でやりくりして生活する必要だって出てきます。

「ふるさと納税」を節約の一環として始めてみるのはどうでしょうか。



「ふるさと納税」って?

ふるさと納税は、自治体への寄付金。”ふるさと”とついていますが、寄付する自治体は自分の出身地域でなくても構いません。

2,000円を超える寄付をした時に住民税の2割ほどが還付される制度です。

1万円の寄付をした時も確定申告をすれば2,000円の自己負担でよくなり、お礼として自治体からの地域特産品をもらえるのが何よりも魅力。

そして2015年4月1日からは、更に「ふるさと納税」がお得に!

税制改正が行われ、 

・控除額が2倍に 
・確定申告が不要に 

なりました。

いくらお得になる?

税金控除ができる金額は人によって違います。

「ふるさとチョイス」の「控除額計算シートダウンロード」のエクセルファイルをダウンロードして、計算をしてみるとわかりやすいです。

http://www.furusato-tax.jp/example.html

例えば、結婚後に専業主婦になった人だと「夫婦のみの給与収入で配偶者控除がある場合」になります。

・400万円の給与収入で寄付金額33,000円の場合31,000円が控除され
・500万円の給与収入で寄付金額49,000円の場合47,000円が控除され
・600万円の給与収入で寄付金額69,000円の場合67,000円が控除されます。

つまり、500万円の収入だと49,000円までの寄付ができて、確定申告で47,000円がかえってきます。

そのため、2,000円の実質負担で地方特産品を手に入れることができます。

「ふるさと納税」の選びかた

地方自治体は多くあるので、どこに寄付するか迷ってしまう人もいるはずです。

そんな時は「ふるさとチョイス」を参考にして選ぶのがおすすめです。

ふるさとチョイスでは、「地域でチョイス」「お礼の品でチョイス」のほか、人気ランキングから選ぶ「ランキングでチョイス」もあります。

他の人が寄付をしている人気の地方自治体は、人気の理由がありそうな気がしますよね。

旅行で訪れて印象に残っている地域、親戚の出身県や地方、地方特産品が魅力的な地域……。色んな角度から選ぶことができます。

クレジットでも支払える!

「ふるさとチョイス」では、Yahoo!公金支払いを利用してインターネットから申込み、決済ができる流れを整えつつあります。

以前は、申込に書類ダウンロードが必要だったり、FAXが必要だったり、郵便振替が必要でした。その手間がないばかりか、Yahoo!公金支払いだとTポイントも利用できてとってもお得。

現在、2015年4月現在、310自治体でYahoo!公金支払いの制度を利用してワンストップサービスを提供しています。

欲しいものを選んでみて!

知れば知るほどお得な制度の「ふるさと納税」。

2015年3月PV数ランキングは 

1位:長野県飯山市 
2位:宮崎県都城市 
3位:山形県天童市 

殿堂入りは、北海道上士幌町、佐賀県玄海町の2つでした。

飯山市では宿泊券、都城市では焼酎が、天童市ではさくらんぼがもらえて、他の地方自治体とは違った特典。

欲しいものを選んで、お得に活用してみてください!

こんな記事も読まれています