いつまでも仲良しでいるためカップル・夫婦が大切にすべき記念日

6,050 views

長く連れ添っているとどうしても刺激がなくなってしまうものだと思います。

もちろん安らげるパートナー関係は大変重要ですが二人でお祝いする日等を大切にしていくことで、

日々に刺激を持つことが仲良しでい続ける秘訣の一つですよ。



付き合い始めた記念日は大切な区切りの日

カップルで大切なのがこの「付き合い始めた日」ですよね。
カップルによって、1ヶ月単位、半年単位、1年単位とお祝いのタイミングは異なりますが1年単位の記念日はお祝いするようにすることをオススメします。
お互いにプレゼントを贈っても良いですし、ちょっと贅沢なデートプランや、ちょっとオシャレなレストランに行く等、いつもと少し違うことをするだけでも想い出になりますよ。
毎年写真を撮っていくなんていうのも良いですね。

結婚記念日は忘れてはいけません

結婚した夫婦にとって最も大切な記念日と言っても過言ではないのでしょうか。
長年の夫婦生活を重ねると、つい忘れてしまうなんてこともありますが絶対避けましょう。
結婚記念日を忘れるということはその頃の気持ちを忘れてしまうことに繋がります。
どうしても仕事で遅くなる場合、男性は花束を奥様に贈ることをオススメします。
結婚年数に合わせてバラの本数を変えて毎年プレゼントするご夫婦もいるそうです。
女性の場合は少し豪華な手料理で旦那様の帰りを待ってあげると良いでしょう。

お互いの誕生日

お互いの誕生日はいつまでもお祝いしていきましょう。
パートナーの生まれた大切な日ですので、生まれたことに感謝するという意味も込めておろそかにしてはいけません。
必ずしも高価なプレゼントを贈る必要はなく、手紙等の愛情のこもったものもオススメです。
一緒に生活している場合、0時ぴったりにお祝いの言葉をかけられる特権もあります。
30歳や40歳などの区切りの年の誕生日には、少し豪勢なお祝いをしてあげるのも良いですね。

クリスマスやバレンタイン等のイベント行事を大切にしましょう

街中がお祝いしているようなイベントはいつまでも大切にすることをオススメします。
毎日一緒に生活していると、どうしても日々のルーティーンが増えてしまいます。
そんなルーティーンに変化をもたらす良い機会なのが各種イベント!
周りの波にのって、いつもと少し違うことをしてみてはいかがでしょうか。

年末年始の里帰りは必須

パートナーのご両親に年に一度は会うようにしましょう。
特にご結婚されている夫婦であれば常識ともいえます。
年末年始の挨拶は礼儀として必要なものですし、実施する方がパートナーのご両親にとっても印象が良くなります。
ご両親に良い印象を持っていただくことも、仲良しカップル・夫婦の秘訣の一つではないでしょうか。

こんな記事も読まれています