妊娠の後期に起こる「妊娠糖尿病」とは何?【はあちゅうもなった症状や気をつけたいことは?】

43 views

妊娠して、検診で血糖値がひっかかると食事に気をつけるように言われます。また、問診票で家族に糖尿病の履歴があると確認されるのが、妊娠糖尿病。

妊娠糖尿病では、検査で数値がひっかかったり、体重の急激な増加で、検診で訪れた病院で入院がいつからできるか相談になってしまうことも。ひどい場合は出産まで体重コントロールのために入院になることもあります。

働いていたり、日常生活の制限があるため入院したくない人も多いですが、そもそも妊娠糖尿病や症状、なりやすい人はどういった人なのでしょうか。

妊娠糖尿病とは?症状は?

妊娠糖尿病の症状は、妊娠中に血糖値が高くなり、経過観察しなくてはいけない症状です。
人によってはすぐに入院をすすめられたり、出産まで食事制限をするために入院しなくてはいけなくなります。

妊娠糖尿病は、糖尿病とは言い切れない軽い糖代謝の異常の症状。しかし、気を抜けなく、自宅採血をしている人もいます。

このほか

・妊娠中の糖尿病
・糖尿病合併妊娠

があり、そちらの方が入院の可能性は高くなります。

妊娠糖尿病になる理由は、妊娠すると血糖値が上がりやすくなることから。ホルモンのはたらきでインスリンのはたらきが抑えられてしまい、インスリンが効きにくくなり、血糖値が上がります。妊娠中は特に高血糖値に注意しなくてはいけません。

血糖値の通常値は、

食前血糖値:60~100㎎/dl
食後1時間の血糖値は140㎎/dl以下
食後2時間の血糖値は120㎎/dl以下

検査の値がこれをオーバーするようなら、経過観察や入院処置になります。

妊娠糖尿病になりやすい人

妊娠糖尿病になりやすい人は以下の人。

・肥満
・家族に糖尿病患者がいる
・35歳以上の妊娠
・尿糖が出続ける場合
・大きい赤ちゃんを産んだことがある(2子以降)
・原因不明の流産、早産、死産がある
・羊水が多い 

イメージでは肥満の人が妊娠糖尿病になりやすい印象ですが、それ以外の人もなる可能性があります。確率としては10人に1人が妊娠糖尿病になると言われています。

母体はもちろん胎児にも影響のある妊娠糖尿病

妊娠糖尿病になると気になるのが、赤ちゃんへの影響はです。
妊娠中の母体が高血糖になると、母体への出産時への影響があるほか、赤ちゃんにまで合併症があると言われます。

(妊娠糖尿病になった母親への影響)
・帝王切開が多くなる
・妊娠高血圧症候群
・流産
・早産
・感染症がおこりやすくなる(膀胱炎など)

(妊娠糖尿病になった赤ちゃんへの影響)
・巨大児→帝王切開の確率が上がる
・肩甲難産→出産時に赤ちゃんの肩がひっかかる
・子宮内での胎児死亡
・低カルシウム血症
・小児期の合併症を起こす(肥満症状、メタボリックシンドローム)

母体にも赤ちゃんにも負担がかかってしまいます。赤ちゃんは、将来の肥満やメタボまで関係するのがわかっているため、プレママとしては責任重大で気をつけなくてはいけません。

妊娠糖尿病には、できるだけならないことが大切です。

妊娠糖尿病に対しての対処

また、妊娠糖尿病と言われたらしなくてはいけないことがあります。

・妊娠中の血糖値を把握する
・食事療法
・運動療法
・薬物療法

血糖値を一般的な妊婦と同じくらいの値にコントロールしなくてはいけません。血糖値は食べ物や、1日の動きでも変化します。個人差もあります。血糖値があまりに高いと採血をして血糖値をはからなくてはいけません。

血糖値は特別な機械で、針のような装置があり刺して血を採血。

・毎食前
・毎食後2時間
・寝る前

など1日で4回以上は、はかります。

妊娠糖尿病での食事療法

食事療法では、かなり厳しく食事のカロリーを制限し、できないようなら入院をすぐにしなくてはいけない状態になります。体重増加だけでなく、胎児への影響も考えてのことです。

1.カロリー量を適正にする
→妊娠中の体重を調整するため、血糖値をコントロールするため
2.栄養バランスが取れる食事をする
→赤ちゃんの生育、母体の健康の維持
3.規則正しく食事をとる
→血糖値をコントロールできる
4.鉄分の多い食事をする
→貧血防止のため
5.カルシウムをとる
→赤ちゃんの骨、歯を作る
6.塩分の少ない食事をする
→妊娠高血圧症を防止するため

食事制限ができないようなら入院して健康食になってしまいます。

はあちゅうもなった妊娠糖尿病

ブロガーのはあちゅうも、妊娠糖尿病になったと旦那観察日記で書いています。
妊娠糖尿病を公表したのは、2019年7月9日のブログ。数値が140を超えたら再検査のところ、200の値を出したとのこと。

血糖値の通常値は、食前血糖値:60~100㎎/dlで食後1時間の血糖値は140㎎/dl以下、食後2時間の血糖値は120㎎/dl以下なので、それ以上の200㎎/dlを出したことは、かなりの異常値。本人はフレンチのフルコースを食べた後だったからと言っていますが、検査だけでなく、その後の再検査の2度も異常値を出し、妊娠8ヶ月で妊娠糖尿病が確定。入院はしないものの、自宅で採血して血糖値をはかっていることも公開しています。

家族に糖尿病の人がいるほか、年齢が33歳ということもあり、体質や年齢が関係あるのではないかと本人も言っています。一見すると肥満体質ではなさそうなのに、そういった人でも妊娠糖尿病になることもあるとわかります。

※はあちゅう……本名が伊藤春香(いとうはるか)。元はブロガーで、名前の春香から「はあちゅう」と自身で名乗る。神奈川県川崎市出身で、慶応義塾大学卒業後、電通で働いていたことがわかっている。生年月日は1986年1月22日で、内縁の夫はAV男優のしみけん。事実婚をしたことでも話題になりました。

こんな記事も読まれています