「ナシ婚」を回避したい!格安婚サイトを選んで結婚式や二次会を【おすすめサイト2つ】

249 views

婚活や恋愛を経て、結婚するタイミングで決めなくてはいけないのは結婚式。しかし、現代では結婚式や二次会などを挙げない人たちが増えています。そのケースを「ナシ婚」といいます。ナシ婚を選ぶ人には多くの理由がありますが、その中で一番重要な位置を占めているのがお金。

ナシ婚をするにしても、顔合わせや結婚報告ハガキが必要です。色々と用意するなら大変……。もし、金額的な問題で「ナシ婚」を選びそうなら、格安婚サイトや格安婚サービスを選ぶことで結婚式を挙げられます。

「ナシ婚」とは……?結婚の新しいかたちが誕生

カップルで、プロポーズされたら、はれて結婚。しかし、最近のカップルでは「ナシ婚」が多くなってきています。

ナシ婚とは……
結婚をする時に、結婚式や披露宴、二次会を行わないこと。役所に婚姻届けを提出するだけで済ませる人のことで、結婚指輪や新婚旅行すら行かない人もいます。

簡略化する背景は、忙しく夫婦それぞれのスケジュールが合わない人も多いのですが、経済的にひっ迫しているための人もいました。

ナシ婚がうまれる背景とは?

ナシ婚がうまれる背景は、カップルによってさまざまです。

・妊娠や出産があるため(授かり婚)
→ウェディングドレスを着るにもマタニティ用がないと挙げられないため、避けたい人。妊娠や出産の費用もかかるため。

・夫婦ともに忙しい人
→仕事で休みを取らなくてはいけないため、多忙すぎる人で夫と妻の休みが合わないなどがある場合は結婚式や挙式をあげない場合も

・友人が少ない人
→友人がそんなにいない場合は挙式をしない場合も

・家族や親せきが遠方に住んでいる場合
→東京などに上京していると、家族や親せきの都合で挙式を行わないことも

・お金があまりないため予算の都合
→婚活をしているとお金がかかります。婚活貧乏になったため、収入の都合で予算がないため、お金の関係で挙式をしない選択肢も

カップルによって理由があります。

お金の問題なら、解決できる方法もある!

理由があって挙式をしないのなら理解できますが、経済的な理由も増えてきました。
日本人の平均年収は500万円と言われていて、国税庁の調査では平成29年度の平均給与は、男性531.5万円、女性287万円で、男女平均432万円でした。

勤続年数によって年収が高くなりますが、高齢出産や年金が期待できないことなどいろんな事情もあり、経済的な事情で挙式をあげない選択をするカップルも。しかし、これには解決法があります。

結婚式を挙げたいのに、ナシ婚を選ばなくてはいけないと思うのなら、まずは無料相談でカウンターに行ったり、インターネットから費用がいくらくらいかかるのかを見積を取ることが大切。特に、最近では格安挙式サービスの自己資金0円からできる挙式内容ができるものもあったりして、貯金がなくて結婚式が挙げられなかった人でも実現が可能です。

結婚式を挙げないナシ婚ですが、やっておきたいことがあります。
・結婚報告→ハガキを出したりして知人に結婚した報告はしておきましょう。
・両家の顔合わせ→家族や親せきが遠方であっても、お互いの家族に紹介はしておくべきです。夫、妻の両方の家族が集まれないのなら、新郎の家族に会いに行く、新婦の家族に会いに行くことはやっておきたいものです。

ナシ婚とはいえ、いろんな手続きや顔合わせもあるため、挙式費用が安ければ挙げておくのも一つの手です。格安なら気軽に挙式ができます。もし、経済的な事情なら解決法があります。

結婚式を挙げたいのに、ナシ婚を選ばなくてはいけないと思うのなら、まずは無料相談でカウンターに行ったり、インターネットから費用がいくらくらいかかるのかを見積を取ることが大切。特に、最近では格安挙式サービスの自己資金0円からできる挙式内容ができるものもあったりして、貯金がなくて結婚式が挙げられなかった人でも実現が可能です。

結婚式を挙げないナシ婚ですが、やっておきたいことがあります。
・結婚報告→ハガキを出したりして知人に結婚した報告はしておきましょう。
・両家の顔合わせ→家族や親せきが遠方であっても、お互いの家族に紹介はしておくべきです。夫、妻の両方の家族が集まれないのなら、新郎の家族に会いに行く、新婦の家族に会いに行くことはやっておきたいものです。

ナシ婚とはいえ、いろんな手続きや顔合わせもあるため、挙式費用が安ければ挙げておくのも一つの手です。格安なら気軽に挙式ができます。

おすすめサービス①:スマ婚

格安挙式をしたい時に、有名なのが「スマ婚」。テレビCMにもなっていました。地方に相談カウンターがあるので、無料相談ができます。

結婚式はドレス、アイテム持ち込み自由で、予算、希望に合わせて会場選びをできます。
従来の結婚式では、不要なサービスも含まれていて高額になっていました。スマ婚では、余分なところをカットしてシンプルにすることでこだわり予算に組み込めます。会場は240以上、ドレスは400ブランド以上から選べ、幅広い選択肢から結婚式ができます。また、結婚式にあたって何をすればいいのかの相談にも乗ってくれます。

おすすめサービス②:HIMARI(ヒマリ)

HIMARI(ヒマリ)は、「おトクな日取りをネット予約」できるサービス。
従来の結婚式場予約では、カップルで式場に見学に行き、仮予約として日程をおさえる工程が必要でした。忙しいカップルはそれも大変で、結婚式場の候補がいくつかあると会場ごとに見学に参加しなくてはいけません。ヒマリでは、ネット上で仮予約が可能。空いている日をインターネットから閲覧して検討できます。しかも、ネット上で結婚式費用がわかるので、挙式費用や衣装、ビュッフェ代金の費用を検討できます。 

また、自己資金0円でも結婚式ができるプラン、1.5次会プランを用意しています。

貧乏だから結婚式はムリ、とあきらめていたのなら、格安サービスを利用することで結婚式や二次会、1.5次会を挙げることができたりもします。まずは調べてみることが重要です。

 

こんな記事も読まれています